人間関係と母親との関係


あきらです

こんにちは

今日は昨日の続きです。

 

父親とはビジネス(社会)との関係。じゃあ母親はどうなるんだろう?

 

と感じた方は少なくないかもしれません。

 

母親と密接に関係しているのは

 

ずばり

 

人間関係です。

 

またここで晃ちゃんのメルマガを紹介させていただきます。

 

大好きなんです。

晃ちゃんが。

僕は。 (笑)

 

ではどうぞ ニコニコ

 

人と比べてしまうのは母との関わりの影響
つい、人と比べて落ち込んだりうらやましく思ったりするのは、

実は子どもの頃の「母親」との関わり方が大きく影響しています。

 

母親からどれだけ「無条件の愛情」を感じられていたかどうかで、

コミュニケーションのパターンが決まってきます。

 

優等生タイプによくあるパターンは「いい子でないと愛されない」と言う刷り込みです。

 

小さい頃から、母親に誰かと比べられて育つと、

自分基準の幸せを持ちにくくなってしまいがちです。

 

条件付の愛情しか感じずに育つと、

無意識のうちに交換条件を自分で差し出してしまうんですね。

 

そして、常に「いい子」であろうとしたり、

親の、そして他人の期待に「応えなければいけない」と自分を追い詰めてしまいます。

 

常に期待に応えようとし続けているとどうなるでしょうか・・・・

「期待の行く末は依存か裏切り」なんです。

 

相手の期待に応えようとすればするほど、相手は依存してきますし、

その期待に応えられなければ結局「裏切る」ことになります。

 

ここでよく考えてみましょう。「期待」しているのは誰ですか?

その「期待」はあなたが応えなければいけないものですか?

 

期待しているのは「相手」なんですから、それは自分の問題ではありません。

 

相手の問題なのか自分の問題なのかをしっかり見極めて線引きができたら、

背負わなくていいものを背負っていた事に気づけるはずです。

 

相手の期待を「手放す」ことができたら、自分基準の幸せを感じる事ができるようになります。

 

どうでしたか?

子供のころ両親とどんな関係だったかによって

大人になったあなたは今の人生を生きています。

 

つらかったこともあると思います。

ひどいことをされたことももしかしたらあるかもしれません。

 

全て親のせいにしたら楽かもしれません。

 

でも僕からのお願いは、そんな親を許してあげてください。

親も一人の人間だということをしってあげてください。

 

もっと感謝の中で生きていけたら、

素晴らしい人生になると思います(^^)

 

ではもっと人生を輝かせましょう☆

 


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

「あげまん・あげちん理論」
オンラインサロン

facebookグループ限定の投稿や、実際のあげまん女性会員・著名人のゲストなどの実際の経験をシェアしながらここでしか見れない実際のリアルな経験を見ることができます。