Minimum Viable Product(ミニマム・バイアブル・プロダクト)とは

Exponential Growth(指数関数的成長)とは

Minimum Viable Product(ミニマム・バイアブル・プロダクト)とは、必要最低限の機能のみを持つ製品の事である。
この必要最低限の機能という概念は実に単純明快で、顧客の声を反映しながら修正していく機能を言う。

具体的には、これから売り出す機能が一般的に優れたものかどうかを確認するためには、実際に市場に投入して、顧客の反応を見てみないと分からないというのが現実である。

そのため、市場にある程度の良い機能をリリースしてみて、顧客に実際に使用して貰う事から始めることが一般的である。
しかし、そのチャレンジは残念な結果となるとケースはよくあることである。

だからといって、無駄な時間を掛けてしまったと考えてはいけない。
そこからどのようにフィードバックし、何を学ぶかという事がとても大切な事だからである。

実はこの考え方は、シリコンバレーの各企業でも取り入れられている事であり、失敗に失敗を重ねて最終的には成功をしている企業が多く存在するのはこのためである。

シリコンバレー流のMinimum Viable Productの考え

シリコンバレー流のMinimum Viable Productの考え

シリコンバレーの各企業が成功する特長として、リスクの考え方が大きく異なっており、企業の成長率を伸ばすためには、リスクが高くなって当然という考え方を持っている。

Minimum Viable Productの考え方によって、市場に対して平凡な価値提案となってしまい、思うような結果が伴わなかった場合でも、ここからマイナーチェンジを行い新たなチャレンジを試みる事は当たり前の結果であると考えている。

その結果として予算が増大し、最終的に起業自体が失敗してしまうといった事は、しばしば発生しているという現実がある。
しかしこれは、シリコンバレーでは悪い事だとは誰も考えていない。

むしろ、この経験によってより高く成長し、更なる機会を目指して頑張ろうという考え方を持っている。
その結果、同じ過ちを犯さないように次に繋げていくため、企業が成功の道を進むようになると考えている。

このように失敗を恐れずにMinimum Viable Productでチャレンジする人々が、世界中からシリコンバレーに集まってくるのはそのためである。
そしてこのような人たちを、出来るだけ受け入れる体制も整えているというのも特徴の一つである。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

中村 あきら

こんにちは、あきらです! 読んで頂きありがとうござます。このAKIRA DRIVEは、僕の活動をまとめています♪ このブログから色んな情報やインスピレーションを持って帰ってもらえたら嬉しいです。そして、いつか地球のどこかでお会いしましょう! フォローはこちら →  Twitter https://twitter.com/akira207 Facebook https://www.facebook.com/akira19850402