40代男性の恋愛観・結婚観はどう変わる?男性心理にかくされた真実


会社や働く場所で40代の男性を好きになってしまった経験はないだろうか。
そんなときに40代男性の恋愛観・結婚観ってどんな風なことを考えているんだろう?と悩むことも多いはずだ。

40代男性の恋愛は20代や30代・若い頃と比べてどう変わってしまうのだろうか?
たくさんの男性のパートナーシップを研究してきた事例や男性心理に基づいて、40代の男性と恋愛・結婚につなげていくための方法について考えていこう。



40代男性の恋愛観・結婚観は今までと比べてどう変化した?

40代男性の恋愛観・結婚観は今までと比べてどう変化した?

まずは40代男性の恋愛観・結婚観についてだ。

20代の頃と比べて恋愛に勢いはなくなり落ち着いた恋愛を好むようになる

40代の男性の恋愛は、今までとちがって勢いだけで女性を好きになって、交際へのアプローチをしてという熱量は少なくなっている。

ただ好きで、付き合って、結婚がその先にある躍動感のある恋愛はもう男性本人もの望んでいないことが多い。

その代わり、若い頃とはちがいじっくりと恋愛について掘り下げられるような気持ちを持てるようにもなるから、40代の男性にしか持ちえないメリットもある。

30代の頃と比べて、結婚への視野を広く持てるようになった

30代の男性は結婚も仕事も一番盛り上がる時期だ。

40代になると、仕事の荒波の渦中にはもういなくて、職場の人間を管理する立場になっていることも多いだろう。さらに、結婚した友人たちとの会話も増え、結婚の悪い面や良い面も聞くことが多い。

仕事でもプライベートでも色々な経験を積んできたからこそ、結婚という人生の節目についての考え方も変わってくる。

結婚をゴールだと、40代の男性はもう捉えていない。

パートナーを探すこと自体が目的じゃなくて、自分の気持ちをちゃんと満足させてくれる女性をそばに置きたい、それが叶うなら必ずしも結婚という形じゃなくてもいいと考えるようになる。

40代になるということは、年の数だけ経験を重ねてきたということ。

必ずしも1つの価値観に縛られなくてもいいと思うようになったっていうことなんだよ。

40代男性と本気で恋愛するには、「一緒にいることを楽しむ」ことを第一におくこと

40代男性と本気で恋愛するには、「一緒にいることを楽しむ」ことを第一におくこと

40代の男性との恋愛は、慎重になった方がいい。
というのもまず40代になると既婚者の男性が圧倒的に多くなる。

既婚者との恋愛はその背徳感も相まって魅力的に感じてしまいがちだけれど、長くは続かない。

そして未婚者でも40代で結婚をしていないということは、結婚というものに対してどこかマイナスなイメージがあるか、何か過去に結婚や女性を信じられなくなった経験があると思って良いだろう。

普通の男性よりもドキドキさせてくれるとか、そういう理由で40代の男性と恋愛・結婚しても結局はいい結果につながらない。

それよりもただ一緒にいるだけで楽しい、ドキドキよりもこの人といると落ち着くというもの指標にしながら恋愛をしていくことがオススメだ。
そのほうが結果的に、一緒の人生を歩むという選択肢に結びやすいからだ。

詳しくは以下の記事を読んでみてほしい。

40代男性の好意の示し方は、20代・30代とこんなにちがう

男性心理の好意サイン!男性の行動はLINEでくだらない会話をしていたらあなたが気になってる

40代男性の好意の示し方は、20代・30代とこんなにも違うということを覚えておこう。

1.基本的に好意のある女性に視線を向けない

若い頃とちがって、40代の男性はもう無駄に恋愛にエネルギーを使わない。

興味のない女性と必要以上に関わろうとしなくなるし、その時間が無駄だとさえ経験から思ってしまう。
もし40代の男性に視線を向けられていたら、かなりの確率で好意を持たれていると思っていい。

2.仕事以外での連絡を頻繁にしない

仕事以外での連絡を、たとえ好意を持っている女性相手であってもあまり頻繁にしなくなる。

好意をもっているからと自分から積極的に女性にアプローチする温度ではなくなってしまうのだ。

男性から好意を持たれているのが明らかなのに、相手の男性からちっともアプローチが来ないのならそれは女性側から動いてあげてOKだと覚えておこう。

3.相手の女性の気持ちをある程度把握してからしか動かない

40代になると、仕事でも恋愛でももう大きな失敗をすることをどこかで男性も恐れ始めている。

恋愛にうつつを抜かして大きなダメージを受けるのは40代男性にとっては耐えがたいことだ。

確実に相手の女性が自分に気持ちがあるなと分かると男性側からアプローチしやすくなるので、女性側からも好意を分かりやすく示す方法を考えていこう。

同じ40代でも独身男性・既婚男性の恋愛は変わってくる

恋愛を仕掛けてくるのは独身男性だけではない。
既婚男性も恋愛を仕掛けてくることがあるだろう。

実際に、現代は40代といえば既婚男性からのアプローチの方が多いかもれない。
独身男性と既婚男性の恋愛方法の違いも知っておこう。

独身男性の恋愛観は、男女それぞれ独立型

40代の独身男性の恋愛は、今まで自分自身が仕事と向き合ってきた分だけ女性にも同等の感覚を求めている。

一方的に男性に寄りかかるような女性、さげまんになって男性のエネルギーを奪うような女性は好まない。

独身を貫いて仕事に打ち込んできた男性を落としたいのなら、まずは女性自身がその男性の人生に寄り添うことからだ。

その人への仕事への想い、過去の恋愛や将来について話し合えるコミュニケーション能力。
そして一緒にいて心地いいと感じる女性であれば、独身男性もきっと結婚したいと思うはずだ。

自分をしっかり持っている女性はそれだけで男性にパワーをあげられる存在として、高め合える関係になることができる。

既婚男性の恋愛観は、女性を依存させる恋愛

40代で既婚の男性は、女性に都合のいい部分だけを求めて依存させる傾向が強い。
そうして女性側はどんどん依存してしまい、自分を卑下してしまうのを何度も見てきた。

不倫になるこの好意は背徳感も加わって、特に若い女性・焦っている女性にはすがってしまいたい恋愛になるだろう。

だけど、普通じゃない恋愛の始まり方は完全に長く続かないで恋は終わってしまう。
一時的な刺激を求める恋愛は、将来性のないものだ。

不倫に応じて来るような男性は、またあなたと仮に将来結婚することになったとしても、同じことを繰り返す可能性は高い。

既婚男性と付き合うのであれば、しっかりと別れてもらってから付き合うと決めておこう。
そしてそれをちゃんと伝えることだ。

「私に対して本気なら、奥さんとしっかりと別れてから付き合って。そうじゃないと「遊び」だって判断するから」
としっかり自分の軸を持って既婚男性と向き合おう。
そういう風にして付き合うことで、もしあなたがその男性と結婚した後でも簡単な浮気をしないし、もし同じような状態になったとしてもしっかりと誠意を持って話してくれる男性になっていく。

どう付き合うかは、どう別れるか、どう問題に対処してくれるかをしっかり見れるポイントでもあるのだ。

40代の男性心理は、あげまん女性を好む!男性のエネルギーを吸いとるさげまん女性にならないために

40代の男性は、あげまん女性しかもうそばに置けない。

もう無駄なことに時間を費やしたくないと40代の男性は考えている。
仕事でも責任のある立場である40代の男性は、女性を見る目にも長けてきていることは間違いない。

いいも悪いもお互いで想いやり、一緒に乗り越えていくという覚悟を持って接していかないとただの恋愛、ただの遊びで終わってしまう可能性が大だ。

自分自身の人間力をあげていくために、あげまん女性になるためのメソッドがこの講座にはつまっている。

ぜひ一度見てみて欲しい。

あなたのパートナーがみるみる内に稼ぎだす5ステップで学べるあげまん理論動画講座

あげまん理論5ステップ動画講座はこちら

もう一記事いかが?男性心理における結婚観はこちら

これから「金持ちと結婚」でも「自分が金持ちになって結婚」でもなく、「二人で一緒に成功していく結婚(アゲ婚)」の時代

男性が恋愛するときの「恋愛市場」と「結婚市場」の違い

あのね、結婚とは「共同プロジェクト」なんだよ


Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!