Maker Movement(メイカームーブメント)とは

e-resident(イーレジデント)とは

Maker Movement(メイカームーブメント)とは、クリス・アンダーソンにより提唱されたものである。

具体的には世界中のガレージがオンライン化し、仕事とデジタルツールの利用を同時に行う際に起こるムーブメントであり、デジタルファイル、CAD、3Dプリンタなど、デジタル製造の潮流を指すトレンドの事である。

この潮流は、生産現場をより高精度な量産品を迅速に生産する体制を実現する。
日本では、家電製造業者の事をメーカーと呼ぶが、これとは区別がされている。

ただし、メーカーをMaker Movement(メイカームーブメント)と記載しても、あながち間違ってはいない。

これはこのようなメーカー達を取り上げたという意味で使用されているからである。
またMaker Movement(メイカームーブメント)は従来の製造業を覆すという側面から、メーカー革命と呼ばれる事もある。

Maker Movement(メイカームーブメント)が物づくりを変革する

Maker Movement(メイカームーブメント)が物づくりを変革する
Maker Movement(メイカームーブメント)は、インターネットに接続したデジタル工作機械を使用して、新たな産業革命を起こそうと考えているものである。
この考えはシリコンバレーに拠点を構えるファブレスメーカー、つまり自社で生産設備を持たないメーカーやその他多くの企業が活発に取り込んでいる。

これは、より高精度な量産品を迅速に生産する体制を実現する一方、データを工場内のみで共有する流れとしている事が不利とされているからである。
これらの技術の公開をしない事は、メーカーの視点、発想、論理から大きな変化を生じる事ができない、という欠点が生まれるのである。

しかし現在においては、メールのやり取りからWeb上のメッセージ交換、全てのデータを取得し解析ができるまでに到達している時代である。
ここから生まれたインターネットに繋げるIoTの発想、遠隔からデータ収集、もしくは外部と共有する事によりビジネスの生産性を高める結果に繋がる。

つまり、誰もが製造業の企業家になれる時代になったといっても過言ではない。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!