遠距離恋愛をするのであれば、「お互いの期待」を話し合ってから付き合うこと

遠距離恋愛をするのであれば、「お互いの期待」を明確にしてから付き合うこと

最近、あげまん理論にはアカデミーや読者からの質問にも「遠距離恋愛」についての質問が多い。
今日はその中でアドバイスしていることを少し紹介したい。

あなたも遠距離になってしまう彼と付き合おうか悩んでいるかもしれないし、今はそうではなくてももしかしたら、すでに付き合っている彼が転勤になってしまうといった状況で、同じ悩みを持つことになるかもしれない。

仕事に打ち込みがちな仕事盛りの30代、40代の男性だ。ただでさえ、まめな連絡が得意でなはい男性と遠距離恋愛がうまくいくのだろうか。

こういった遠距離恋愛にまつわる悩みは、キャリア女性の恋愛でとても多い。

ぼくからのアドバイスとしてまず伝えているのは、遠距離恋愛をするのであれば、「お互いの期待」を明確にしてから付き合おう、ということだ。



ほとんどの人間関係や恋愛の問題は、「お互いの期待するところの違い」にある

ほとんどの人間関係や恋愛の問題は、「お互いの期待するところの違い」にある

ぼく自身、経営をやっていく上で人間関係とは切っても切れないもので、誰かに仕事をお願いしていく、誰かと深く付き合っていくということを、多くの場面で決めていかなければならない。

その中でわかったことは、ほとんどの人間関係の問題は、お互いの期待するところの違いによって起こる。
いわゆる「すれ違い」ってやつだ。
あげまん理論アカデミーでも、女性たちの相談を受けていて、同じことが問題となっている。

つまり、恋愛も同じだ。

例えばあなたが付き合っていたとして、あなたは彼と結婚というものを期待している。でも彼は、恋人としてはいいけど、結婚相手としては期待していなかったとする。

付き合っていく中で、彼と深い話になったときに、彼は結婚する気がないことを知る。彼が期待してたのは、今を一緒に楽しめればそれでいい恋人関係というものだった。

このすれ違いは、あなたからすると裏切られた、大切にされていない、軽く見られている、といった気持ちになるだろうし、反対に彼からすると重すぎる、求められすぎて窮屈、自由にさせてほしい、といった気持ちを生み出してしまうだろう。

この状況というのは、お互いの期待が違ってたから起こるものだ。そしてこの問題を回避する、一番の方法はあなたがちゃんと付き合う前に「お互いが期待していること」を確認することなんだよ。

「お互いの期待」を話し合えないと、時間だけが過ぎてくだけ

あなたは本当に大丈夫?幸せな恋愛・結婚・仕事から遠のく自己肯定感が低い女性の行動4パターン

遠距離恋愛は、お互いに会える時間が少ない。そしてそれは特に女性にとって、精神的負担が大きい。
ましてや働き盛りの20代後半〜40代の男性は、LINEやメールで愛情を示すことは少ない。(無いといってもいいかもしれない)多くの男性にとってLINEやメールはただの連絡手段だからだ。

そんな中で、「彼もきっと結婚を考えてくれている”はず”」「彼もきっと私との未来を本気で考えてくれている”はず”」というあいまいな期待の状態では、あなたの不安だけが溜まっていき、良いパートナーシップを築くということもできなくなる。

だから、もしあなたが遠距離恋愛をスタートするか迷っているのであれば、付き合い始めるときにきっちりと話し合おう。お互いがお互いに何を期待しているのかということを。

「この年齢で遠距離に住むあなたと付き合うということは、わたしは「結婚」を意識するよ。それでもいい?いいなら付き合おう」

ではどんな言葉を彼と話し合っていけばいいか、どんな期待を彼と話し合っていけばいいだろうか。

例えばこう言おう。

「この年齢で遠距離のあなたと付き合うということは、わたしは「結婚」を意識するよ。それでもいい?いいなら付き合おう」

こういう風にあなたの期待するところを、ちゃんと付き合う前に彼に示しておくことだ。
なりゆきで付き合ったり、「多分この年齢で付き合うってことは彼も結婚を意識してるはず」なんて、あいまいな期待で付き合うのではなく、しっかりと自分が恋愛において期待することを示すことで、お互いの期待の相違はなくなる。

男性からは「今は正直結婚は考えられない」とか「結婚してもいい女性かなって思ってる、でももっと時間を見たい」などといった言葉が返ってくるはずだ。

もちろん、この時点で「今は正直結婚は考えられない」という男性は付き合っても実らない。もしくは、結婚まで2年〜3年以上かかることを覚悟しておくことだ。

「結婚してもいい女性かもと思っている」なら、結婚という目標がちゃんとお互いの期待として合致していることになる。そしたらちゃんと、お互いが結婚相手として何が大切かを話し合っていけばいいだけなのだ。

ただお互いの期待が違ったら、いくらあなたが結婚に向けて進もうとも、お互いが話し合おうとも、そもそも期待するところが違うから、一向にパートナーシップは良くならないだろう。

お互いの期待が一致しているのであれば、あとは「話し合い」を重ねていくだけ

あげまんは年上女性!?

お互いの期待が一致しているのであれば、遠距離だろうが、近距離だろうが、あとは「話し合い」を重ねていくだけだ。「話し合う」ことは、お互いを知っていくこと、何を大切にしているかを知っていくこと、何を目指しているのかを知っていくこと、によってより深いパートナーシップになっていく。

あなたが進む方向と同じパートナーが見つかったら、ぜひあげまん理論アカデミーの門を叩いてみてほしい。どうやって深く「話し合って」いけばいいかが分かるし、話し合いがうまくいかない原因として、何を自分は恐れているのかが見えてくる。

もちろんあげまん理論の記事を読んだだけで実践できる人は、どんどん実践していってほしい!
しかし、どうしても男性に対して不信感を抱いてしまったり、自分の自己肯定感の低さで自分を責めてしまったりしてしまう場合は、あげまん理論アカデミーに関わっていこう。

あげまん理論アカデミー

あげまん理論アカデミーはこちら

自分の本当の問題は、あなたが選んだ男性ではなく、あなたの内面にあるということだからだ。
そこにしっかりと向き合わないと、せっかく同じ方向を見たパートナーとも離れ離れになってしまう。

あなたが、同じ方向性を向いたパートナーと共に愛を育めることを願っているよ。

あげまん理論の「話し合い」のまとめ記事はこちら

【完全まとめ】夫婦恋人「話し合い」の方法やコツ!愛する男性(彼氏・旦那)と分かり合うために大切なこと

もう一記事いかが?「話し合うこと」や「遠距離恋愛」についての記事はこちら

相手によって違う?遠距離恋愛は続かないのか。男性心理からひもとく続く遠距離恋愛

あげまん理論における理想のパートナーは「深い話し合い」ができる男性

あげまん女性とさげまん女性の「愛の注ぎ方の違い」

 


Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!