【フランス・パリ】フランスの家庭料理「ブフ・ブルギニョン」をおしゃれなカフェで!『L’Imperial(ランぺリアル)』

L’Imperial(ランぺリアル)のブフ・ブルギニョン

フランス・パリのL’Imperial(ランぺリアル)というカフェレストランで、フランスの伝統料理「ブフ・ブルギニョン」を食べてきた!

ブフ・ブルギニョンとは「牛肉の赤ワイン煮込み」のことだ。
牛肉の赤ワイン煮で、ビーフシチューの元となっているフランスのおふくろの味だ。



L’Imperial(ランぺリアル)でブフ・ブルギニョンを食べてきた!

L’Imperial(ランぺリアル)は、チュイルリー公園の北西、コンコルド広場の近くにある。
リヴォリ通りに面した店舗なので、わかりやすい。

L’Imperial(ランぺリアル)の外観

まさにパリのレストラン。

L’Imperial(ランぺリアル)のカフェ席

カフェでもあるので、テラス席もある。
テラス席で食べてもおしゃれだ。

L’Imperial(ランぺリアル)の店内

店内は、現代モダンテイストになっている。

ブフはビーフ、ブルギニョンはブルゴーニュ風

『のだめカンタービレ』で、パリで音楽修業中ののだめに、千秋先輩が「ちゃんと食え」と作りおいてくれるのがのだめいわく“呪文料理”、このブフ・ブルギニョン。

ブフはビーフ、ブルギニョンはブルゴーニュ風という意味だ。

L’Imperial(ランぺリアル)のブフ・ブルギニョン

日本のビーフシチューのような、家庭的な感じのする素朴な味わい。
見た目も味わいも肉々しい一品だった。

赤ワインともばっちりあう、パンにつけて食べるのも最高だった!

ぜひフランスの家庭料理をパリのおしゃれなカフェで!

L’Imperial(ランぺリアル)への住所・アクセス・営業時間

L’Imperial(ランぺリアル)の地図、住所・TEL、駐車場などの基本情報は、以下の通りだ。

L’Imperial(ランぺリアル)の外観

名前:L’Imperial(ランぺリアル)
住所:240 Rue de Rivoli、75001 Paris、フランス
電話:+33 1 42 60 73 27
営業時間:
[月~日] 7:00~23:30
定休日:無し
駐車場: 無し
個室:無し


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

「あげまん・あげちん理論」
オンラインサロン

facebookグループ限定の投稿や、実際のあげまん女性会員・著名人のゲストなどの実際の経験をシェアしながらここでしか見れない実際のリアルな経験を見ることができます。