【沖縄】株式会社ルーツ学生講演会まとめ「起業家という生き方」

沖縄ルーツ講演会中村あきら

沖縄で株式会社ルーツで大学生に向けて講演をしてきました。

ルーツとは、沖縄で社員採用をしていた頃、採用支援を手伝ってもらっていました。
ルーツのおかげで、求人雑誌に出したところ採用説明会に1回で60人以上の人が集まったこともありました。

そんなルーツのご縁で、沖縄の学生に向けて話をする機会をいただきました。

以下、今回主催してくれたルーツの新垣潤一君より

あきらさん、会社のことや海外でのことなどを学生たちに語ってくれませんか?

沖縄の学生に、あきらさんのように働けるんだ!
というロールモデルになってもらいたいなーと考えています!

ルーツ新垣潤一

ロールモデルになれるかは分からないけど、ぼくの働き方、生き方を語ってきました。

起業家という生き方は素晴らしい

沖縄ルーツ講演会中村あきら

まず学生のみんなに伝えたいのは、起業家という生き方はとても素晴らしいんだってこと。

多分みんな経営者や起業家っていうと、お金持ちになれるとか自由や夢に生きれるってメリットを感じてて、でもその分リスクがあって大変で失敗の危険性があるのが起業家のイメージなんじゃないかなって思うんだ。

もちろんそういう側面もあるんだけど、今日は実際に起業家として生きている経験から
リアルな起業家の生き方ってのをみんなに教えたいと思っている。

ぼくが起業家としての生き方として素晴らしいと思うのは以下の3つだ。

・上司や会社ではなく、社会からの正しい評価をもらうことができる。
・自分の人生にとって本当に大切にすべき人が誰かわかる。
・いつまでも若々しくいられる。

上司や会社ではなく、社会からの正しい評価をもらうことができる。

起業家という生き方をすると、自分の本当の価値を自分で知ることができる。
例えば、今5万円しか収入がないとしたらそれが自分の社会からの本当の価値だってのが分かるんだ。

これが会社員だと、最初から初任給20万円もらって自分が価値を出してなくても、すごく価値を出してたとしてももらく金額は同じだし、その評価の基準は会社や上司が決めることになる。

これだと違う仕事をやろうとしたとき、転職しようと思ったときに自分の価値というが分からなくなってしまう。
起業家の自分からしたら、この状態ってとても不安なことなんだよね。

起業家だから、ある時は全然お金貰ってないときもあったり、あるときはたくさんってのはあるけど
これが今の自分の価値なんだって社会からうけるから安心ができるんだ。

もちろん、社会から数値としてあなたは今これです!って突き付けられて、ウツになることもあるんだけど
それでも自分の本質的価値を知れることの価値は大きい。

変わらない給料ってのは表面的には安心かもしれないんだけど、転職や倒産、クビみたいな潜在的な不安は一生ついて回ることになる。

自分の本質的な価値を知るってことは、自分の変わらない土台を作ってくれるし、失敗しても価値が変わることはないし、どこで仕事をしても大丈夫なんだっていう深い安心感を人生に与えてくれるんだ。

ちゃんと一人の人間として、社会に立っている、社会と仕事をしている。
そういった誇りを起業家という生き方は与えてくれるよ。

自分の人生にとって本当に大切にすべき人が誰かわかる。

起業家という生き方を選んだら、人間関係がガラリと変わる。
今の大学の友達や、会社の友達ってのは起業家になったらほとんど変わってしまう。

それは本当に自分にとって大切な人が誰かっていうのが分かってくるからなんだよ。

例えば、自分のサービスを始めたとする。
あなたは色んな人に自分のサービスを紹介するはずだ。
その中でこの人は気が合う、友達になれそうって人が現れたとしても、その人がサービスを買ってくれるとは限らない。

でも、この人気が合わないな~とか、あまり話かけないタイプだなって思った人が自分のサービスを買ってくれたりする。
そんなときに人の見る目が変わるよ。
こんな人が自分に対してお金を払ってくれるんだって、びっくりすると思うよ。

やっぱりお金を払うってのは、その人を信頼してくれるってことだからね。
自分に対してお金を払ってくれる人がどんな人なのかってのが起業家の人生では分かってくる。

自分に対してお金を払うぐらい評価してくれる人を大切にしよう。
きっと意外な人だよ。
ああ、自分はこういう人を大切にしていけばいいんだってのが分かる。

それはこれからの人生で人を見る大きな基準になるはずだよ。

それってやっぱり会社員の飲み会での出会いだけじゃ分からないことなんだよ。

沖縄ルーツ講演会中村あきら

いつまでも若々しくいられる。

起業家の人っていうのは、若々しい人が多い。
それはなぜかっていうと、仕事に対するストレス、人間関係に対するストレスが少ないからだ。

もちろん多少のストレスはあるんだけど、会社員ほどじゃない。
自分で仕事をする時間を選べる、自分で仕事をする人間を選べる、その一番の対価は若々しさだ。

どれだけ社会に対してストレスを受けているかどうかっていうのは、顔に出る。
自分のやりたいことを押さえつけたり、人間関係でガマンしてたりすると顔に出てくるんだよね。

ぼくもよく30歳です。って言ったら「見えないですね!」って言われる。
これはぼくだけじゃなく起業家のほとんどが言われることだ。
実年齢より絶対若く見られる。

いつまでも健康で若々しくいられる、それが自由を選ぶことの一番の報酬だね。

沖縄の学生のみなさんぜひ自分らしい生き方を見つけてください

ルーツのみなさん、沖縄の学生のみなさん
来ていただきありがとうございました。

起業家という生き方を通して、自分の生き方の参考にしてみてください。
色んな経営者や起業家と会って、その価値観に触れて自分とは何か?を深堀りしていってみてください。

もっともっと人生が面白くなるし、もっと仕事や人間としての深さが見えてくるはずです。
その経験を通して、自分らしい生き方を見つけてください。

今回はありがとうございました。

講演会参加者の声

講演に参加していただいた参加者の方から感想をいただきました。

あきらさん!
ありがとうございます!

社長さんの世界が見えて、やっぱりシビアな世界なんだと感じました!
そして、色んな挑戦をし続ける大切さも学びました!
あきらさんの話を聞いて、もう一つやりたいことができました、世界を見てみたいと思うようになりました!
人間としてもそうですが、社長になっても広い視野で色んな物を肌で感じて、学ぶ事って本当に大事だと思いました。

他の場所に行ってもやりたいことが変わらないって大切だと今感じました!!
冒険してみたいと思います!

本当にありがとうございます。出会い感謝です!

- 石原さん

琉球大学観光科学科の仲村美香です。
あきらさんのお話はとても面白く、海外で働いてみたい私としては興味深いお話しを聞くことができ楽しかったです!
ありがとうございました!
お会いする機会がありましたらまたお話を伺いたいです。

- 仲村 美香さん

ルーツでのお話ありがとうございます。
オレンジの服を着てたひがけんです。

シンプルに話してた内容がかっこいいと思いました!

これをきっかけに今日は自分の魅せ方について考えて行こうかと考えております。

とりあえず、中村さんと次回お会いする時はバックグラウンドをしっかり見て考えてからまた会いに行きたいと思います^^
この度はありがとうございます。

- 比嘉 謙太さん

世界中どこでも話に行きます♪

沖縄ルーツ講演会中村あきら

今回は沖縄でしたが、ご連絡をもらえれば世界中どこへでも話に行きます。

ぼくは10人以上集まれば、世界中どこへでも行きます。
そしてご当地のおいしいお店を紹介していただければ大満足です(^^)

連絡はお問い合わせページでも、ツイッターでもフェイスブックでも大丈夫です。
ご連絡お待ちしています。
お問い合わせページはこちら


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

中村 あきら

こんにちは、あきらです! 読んで頂きありがとうござます。このAKIRA DRIVEは、僕の活動をまとめています♪ このブログから色んな情報やインスピレーションを持って帰ってもらえたら嬉しいです。そして、いつか地球のどこかでお会いしましょう! フォローはこちら →  Twitter https://twitter.com/akira207 Facebook https://www.facebook.com/akira19850402