これから「金持ちと結婚」でも「自分が金持ちになって結婚」でもなく、「二人で一緒に成功していく結婚(アゲ婚)」の時代

これから「金持ちの男性と結婚」でも「自分が金持ちになってから結婚」でもなく、「二人で一緒に成功していく結婚(アゲ婚)」の時代

結婚を望む女性たちの多くが、結婚に対するアドバイスをたくさん受けてきたことだろう。

ひと昔までは、「金持ちの男性を見つけて結婚」をするのがおすすめだと言われ、
最近では、女性がキャリア進出してきて「自分が金持ちになったら、いい男がよってくるからまずは自分が成功しなさい」こんな風にも言われている。

しかしこのどちらの婚活戦略も、かなりのスキルが必要で、女性たちに多くの葛藤をもたらしている。
あげまん理論®︎︎︎でおすすめしているのは、対等に話せる相手・深い話し合いができる相手と共に成長していく結婚だ。

あげまん理論では、これを「アゲ婚」と言っている。

つまり、金持ちの男を見つけるわけでもなく、金持ちになってから結婚相手を見つけるのではもなく、
二人で一緒に成長して成功していく生き方なのだ。



金持ちの男と結婚するのは何が難しいのか?

できる男性が下ネタを言うのは、相手の女性との距離間がちゃんとできていない時

まずお金持ちの男性と結婚するのは何が難しいのだろうか。
これはこのあげまん理論を読んでいる女性であればその難しさは痛感しているだろうが、あえて説明していこう。

まずお金持ちの独身男性というのはモテる。
必然的に、かなりの競争倍率が高くなるだろう。

見た目の美しさ、コミュニケーション能力。家柄なども関係してくる。
結婚するまでに、多くの競争を勝ち抜くというのが現実的に発生してくるものだ。

さらに男性も30代、40代に近づいてくると女性や社会というものが分かってくる。
結婚に対してコストパフォーマンスを気にするし、それまで一人で生きてきた自由と引き換えにするリスクを気にするようになる。
お金を持っている中で、一人の女性に決めるという動機そのものが歳を重ねるごとに少なくなりがちだ。

実際にぼくの友人の独身の経営者たちは、結婚はしたいが結婚に対してリスクをとても感じている。
それよりも気ままに恋愛し遊ぶほうが仕事も集中できると考える男性も少なくない。

 

さて、そんな現実の中、近年社会進出した女性たちが増えてきた中で、結婚についてアドバイスされるようになったのが以下だ。

「いい男と結婚したかったらまず自分が金持ち(成功者)になりなさい。
それが簡単だし、いい男が寄ってくるから」

さて、このアドバイスは、いい男や経済力がある男性と出会うことにおいては間違ったアドバイスではない。
しかし、実際に結婚となったときに多くの問題をはらんでいる。

自分が金持ちになってから結婚は何が難しいのか?

まず自分が自分を偽らないこと・自分に嘘や相手に嘘をつかないこと

確かに自分がお金持ちになったり、できるビジネスウーマンになってくると、経済力を持った男性との出会いが増えていく。
しかし、結婚となると以下の問題が発生する

自分が「できるビジネスウーマン」になったとき、ほとんどの同世代の男性が結婚している。

自分がお金持ちになったり、できるビジネスウーマンになったときは30代を過ぎ40代を超えてくることが多い。
そんなときに結婚したくなり、周りに優秀な男性が集まっていたとしても、彼らは結婚していることが多い。

結婚していない優秀な男性は、遊んでいたり(友人男性と飲んだらどれだけモテるか自慢されたり・・)、生活へのこだわりが強すぎて、いざ結婚を考えると一緒に住んで家族を築くというのを全くイメージができないことが多い。

自分自身のこだわりも強くなって、一人でいるのが楽になる

40代になるまで一人でいると、その生活が当たり前になってくる。
そこから自分の生活レベルを下げてまで、めんどくさそうな男性と一緒にいてまで結婚というのは考えにくくなる。

お金持ちのビジネスウーマンの自分よりも生活水準が高くて、自由にいさせてくれる相手というのはすごく少なくなってくる。
何より出会ってトライアンドエラーをするモチベーションが維持しにくい。

結婚する必要性がなくなってくる

最後に、お金を自分で稼げるようになったことで結婚する必要性を自分で見出せなくなってくる。
人は必要性がないものは動けない。

ましてや仕事でたくさん求められる日々。
仕事の必要性の方が年々高くなってしまうのだ

 

 

上記のような状態で婚活するとなると、年下男性を見てみたり、結婚相談所通ってみたり、となってくる。
ただし自分の基準を下げることはしたくなく、自分よりも仕事できる、尊敬できる男性というのを探すのは数値的にみてもかなり難しくなる。

それで結局、結婚を諦めるか、婚活を5年〜10年やり続けるという状況になってしまう。

さらに複雑にしているのが何でも選べる時代だからこそ、誰を選んだらいいか分からないこと

女性が変わるのではなく、あげまん理論は女性の影響力を上手くコントロールするためのもの

もちろん結婚したい男性も山のようにいる。
しかしいざ付き合ってみると、自分の中で決め手がない。

一人でも生きていける、彼も一人で生きていける。
そんな中でなぜ結婚をするのか?その答えが自分の中で明確ではないと、せっかく相手ができてもお互いが迷ってしまう。

そして結婚という形にしばられない現代は、いつでも離婚という選択肢を誰もが持っているのだ。
この時代背景がさらに結婚への動機を複雑化していることになっている。

そんな時代に、二人で成長していく「アゲ婚」のすすめ!

さて、そんな時代だからこそあげまん理論では、共に成長していくパートナーシップ・結婚の在り方の大事さを伝えている。
お互いがお互いにとって、セルフイメージをあげる存在であり、対等であり、共に成長していく関係性だ。

つまりはお互いがお互いにとっての、あげまん女性でありアゲメン男性になるということだ。

これが「アゲ婚」だ。

これから成功したい人は、パートナーと共に成功していく

これから成功したい人は、パートナーと共に成功していく

例えばわかりやすいところでいうと、起業したい男性、何か新しいことに挑戦していく男性を見つけ、その人と共に新しい世界を見るために彼を支えサポートしていく。

男性は人生の中で仕事が100%だから、今は芽を出てないけど、挑戦している男性はたくさんいる。
これから起業する男性、何か大きなことに挑戦する男性が成功した後ではなく成功する前にあなたが全力でサポートして、共に夢をみながら成功していくという夫婦の形だ。

あげまん理論では、特に主婦あげまん、秘書あげまんタイプの女性がこれに合っている。

新しいライフスタイルの理想を描き、それを一緒に叶えたい男性を探す

新しいライフスタイルの理想を描き、それを一緒に叶えたい男性を探す

もう一つのやり方は、今一度自分の人生と向き合って、新たに理想のライフスタイルを描くことだ。
そしてその理想を一緒に叶えたい男性を探すこと。

例えば、日本企業で10年以上勤めてきたが、次のライフスタイルは海外で生活したい。と自分の中から出てきたとしよう。
海外在住の金持ちを探すのではなく、同じように海外で生活したいと願っているパートナーを見つけ一緒に叶えていくことだ。

この方法は、何歳からでもできる。
50歳以上から新しいライフスタイルや夢を見つけてもいいし、その夢を一緒に叶えるパートナーという観点で言えばお互いが二人で一緒にいる必然性が生まれる。

自分が経験したことがないライフスタイルであれば、一緒に冒険してくれるパートナーが必要不可欠になってくる。
また自分も自分のワクワクする夢に向かって、歩き出せるというわけだ。

この方法は特にあげまん理論では、経営者あげまんタイプと生き樣アーティストタイプに向いているやり方だ。

 

もう一度人生を描き直すには「自己肯定感」を見なおそう!自分を認めれば新しい理想が生まれる

それでもわからなかったら彼に直接聞くこと

結婚しないでいい時代、必要性ではない視点で結婚する時代・・・そんな現代の結婚はお互い一緒にいることでお互いの人生が良くなっていく結婚だ。

そのためには、あなたがあなたらしい人生を生きると決めることだ。
そのあなたらしい人生とはどういうものなのかが明確になれば、それを一緒に叶えたいと思うパートナーは自ずと見つかる。

そのパートナーと一緒に仕事したり、仕事を支えたり、家族を育んでいけば、あなたが叶えたい理想の家族を持つことへつながっていく。

あげまん理論が提供したい人生は、そういう人生なのだ。

そしてそんな人生を生きる鍵は、「自己肯定感」にある。
自分を否定していると、幸せな結婚はできない、結婚する意味も感じられない。

でも自分のありのままを認められるようになれば、オセロのように、その後の人生が一変する。
だからぼくたちが提供しているのはあげまん理論であり、自己肯定感を高めるということなのだ。

結婚だけでなく、あなたがあなたらしい人生を生きること。
それを心から応援している。

あなたが自分を認めることから、全てが変わってくるからね。
「アゲ婚」はおすすめ!

今日もあなたが、「太陽」のように周りを照らしますように。

もう一記事いかが?あげまん理論の「結婚」についての記事はこちら

あのね、今は結婚が”自然に”できる時代じゃないんだよ

あのね、結婚とは「共同プロジェクト」なんだよ

男性はいくつになっても6歳児、女性はいくつになっても17歳の高校生なんだよ

あげまん女性になることでパートナーから得られる人生で大切な3つのこと

 


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!