キャリア女性と恋愛を考えている男性からの質問!「結婚」を手に入れたい女性と「成功」を手に入れたい男性の真剣勝負!!


なんと、「あげまん・あげちん理論」を男女で読んでいるという男性から質問が来た。

「中村さんいつもありがとうございます。地方に住む30代男性のAです。
今ある女性と付き合おうかどうか悩んでいます。

ぼくはゲーム好きが講じて関連する仕事がしたくて、本業の傍でシナリオ作成や開発を進めています。正直、社会的な地位というか現状に不満を感じてて何か変えたいと思っています。
そんな時に、仕事ができる女性のBさんと出会いました。
すごく仕事ができる30代キャリア女性で、結婚を意識して相手探しをしているようでした。

中村さんのあげまん理論をいつも見ていて、彼女と付き合ったら自分が成長ができる気がしています。
彼女も中村さんのあげまん理論を読んでいるようです。

ただ自分自身はまだ結婚したい欲とかいうのは薄くて、それでBさんといい感じになったとしても、
まだ結婚を考えられず、申し訳ない気がして引いたりしてしまうんですけど…
そういうとこについてはどのように思いますか?」

地方で「あげまん・あげちん理論」を読んでまさに実践してみようと考えてくれてることはすごく嬉しいね。
じゃあその男性の質問に対して答えていこう。

結婚はまだ考えられないけど二人の関係性を前に進みたいとちゃんと伝える

「まだ結婚は考えられない」という思いは正直に伝える必要はあるね。

その上で向こうが知りたい答えを用意しておく必要はある。

どんな状態になったら結婚したくなるのか。
一生結婚しないと決めてる人と仕事が軌道にのったら結婚したい人、2、3年後には結婚したい人、一緒にいて落ち着くなと思ったら結婚を考えられる人では意味合いが違うよね。

どちらにせよ、女性は時間がないなかで時間をBETしないといけない、そのBETに対して賭けてもいいと思える理由を用意してあげれたら優しいね。

彼女の年齢からすると絶対結婚は考えてる。
あなたに対して待てて一年だね。

ぼくだったら、例えばこういう風に伝える。

「結婚まで一年は考えたい。
その間に見たいのは、一緒にいて落ち着けるかどうか。
自分の両親や君の家族とうまくいけるか。
2人で同じ未来を見れるか。ぼくが自分の仕事を軌道にのせられるかも大事だ。

そんな風に考えてる、それでもいいなら次に進もう。」

女性側も結婚を考えてるといっても、誰とでも結婚したいわけじゃないから、
結局は半年や一年は見なきゃいけないんだよ。

でも女性側はその間に、男性が結婚をする気あるのかないのかというのを判断しながら付き合わなきゃいけない。

だから、どんな項目を見たいのかしっかりと示せる男性は誠実だと思うね。
相手のことを考えてあげていると思うよ。

結局、普通に付き合っても上記の項目がだめなら男性として別れることになるんだ。
男性は一緒にいて落ち着けなきゃ結婚はできないし、家族とうまくいってなくてもできない、そして「さげまん」だったとしても結婚できない。

だからどうせやるなら真剣勝負しなきゃ。
女性は30代、あなたと付き合うってことは出産や適齢期などの時間的に見て「真剣勝負」なんだよ。

だからちゃんとその真剣勝負の土台にのってあげることだ。
それが誠実な男性だよね。

その上で、見るべき項目、大事にしているものを出してあげることさ。

彼女は「結婚」を手に入れたい。
君は「成功」を手に入れたい。

彼女は自分があげまんだと思ってて、自分が付き合ったら上げられると思っている。
君は自分の能力を信じてて誰かのサポートがあれば成功できると思っている。

このあげまん理論は、その真剣勝負なわけだ。
お互いが提供できるものが「本物か」。お互いが一緒にいることが、本当に多くの人を幸せにするのか。

彼女がさげまんだったら君は成功しない。だったら結婚しても意味はない。
彼女にしてもあなたが真剣に夢に向かって走れない、口だけ夢を語るだめんずだったら、育てて結婚する意味もない。

これは勝負といっても、お互いが勝つかお互いが負けるかの勝負さ。
どちらが片方が勝ち負けするものじゃない。

夢を叶える。成功するって覚悟が必要だよ。
まずはパートナーシップで覚悟を示す時だね。

一番身近な関係で覚悟を示せない人に成功なんてできない。

ようこそ、共に成長するパートナーシップへ。
君が成功できるかどうかは、目の前の女性に覚悟を示せるかどうかがその一歩目だ。

がんばって!
あなたが開発者として何千万人、何億人の人を幸せにするのをぼくは信じているよ。
彼女に君のとなりでしか見えない景色を見せてあげてね。

もう一記事いかが?あげまん女性の哲学はこちら

「あげまん」は結局何がしたいのかって?あなたを通じて大きな世界を見たいんだよ

あのね「美人」も「セックス」もお金で買えるんだよ。でも「あげまん」は買えない。

あのね、「あげまん」ってのは「最後に選ばれる女性」なんだよ

岡本太郎の妻・あげまん女性「岡本敏子」の名言。「パートナーを持ちえた人は、人生の勝者です。だって何でも出来るもの。」

 

 

 

 


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

「あげまん・あげちん理論」
オンラインサロン

facebookグループ限定の投稿や、実際のあげまん女性会員・著名人のゲストなどの実際の経験をシェアしながらここでしか見れない実際のリアルな経験を見ることができます。