結婚は「価値観が合う」でするものではない、何度も軌道修正できるか話し合えるかのほうがはるかに大切

結婚は「価値観が合う」でするものではない、何度も軌道修正できるか話し合えるかのほうがはるかに大切

あなたは結婚で一番大事なものは何だと思うだろうか?
2018年明治安田生活福祉研究所の「人生100年時代に向けた意識調査」で、女性の離婚理由で「価値観の不一致」が1位だった。ちなみに男性の離婚理由は「妻から愛情がなくなったから」だ。

男性は「愛情の有無に敏感」で、女性は「価値観の不一致に敏感」だということが分かる。

では、結婚で一番大事なのは「価値観の一致」なのだろうか。
年間4000人以上のパートナーシップを見てきて思うことは、結婚に価値観は関係ない。それよりも、何度も話し合えるか、何度も軌道修正できるかどうかの方がはるかに大事だということだ。


あげまん理論LINE@
※LINE@だけの特別特典を無料プレゼント。
現在3,183名の方にご登録いただいています!

 

LINE画像
あげまん理論LINE公式アカウント
最新更新情報やイベント情報が最速で届きます!

価値観とは、何が大事で大事じゃないかの判断や優先順位のこと

あげまん女性のように「褒め上手」になるためのステップ

そもそも価値観とは、何だろうか。
ぼくは価値観とは、「何が大事で大事じゃないかの判断や優先順位」のことだと思っている。
ものごとに対する考え方、人生への向き合い方、お金の使い方、そして大切にしているものだ。

価値観が違うということは、自分が「正しい」「重要だ」と思っていることが、相手にとってそうではなかったりすることだ。それが価値観の不一致だ。

「あの人とは、どうやっても価値観が合わないから別れるしかない」

そうやって離婚や別れたりする人が多いのだろう。

ぼくが伝えたいのは、結婚とは「一生をかけて価値観を知り、すり合わせていくこと」だということだ。
価値観は違うのも当たり前、そしてお互いの価値観が違っていくのも当たり前。

だから付き合う前や結婚する前、価値観が合うかどうかを最優先におくこと、
別れるときや離婚するときに、価値観が合っていないことを理由にすること。
これらはパートナーシップを築いていく上で、大きな間違いだ。

これまでの恋愛関係や結婚生活においても、もし価値観で別れたことがあったとしても、その見方を変えていかないと、この先あなた自身が幸せなパートナーシップを手に入れることが難しい、ということを覚えておこう。

そもそも「価値観は違って当たり前」と思うこと

あげまん女性は運がいいと思っている

まず大切なのは、「価値観は違って当たり前」という価値観をあなたが持つことだ。
そうじゃないと、自分と同じ価値観を持った人を探すという無駄な時間を人生に費やすことになってしまう。

人は誰一人、同じ環境、同じ両親の価値観、同じ言葉で育った人はいない。
つまり、誰一人として「同じ価値観の人」はいないのだ。

どんなに愛し合っても、通じ合っても別々の人間。
大事なもの、優先度、優先順位が違って当たり前だということ。

まずはそれを認めることが何よりも大事だ。
それだけでも結婚相手を探す基準や、その人と別れるかどうかの考え方も大きく変わる。

大事なのは、「価値観が合うか合わないか」ではなく、この人と一緒に価値観をすり合わせていけるか、二人で価値観をつくっていけるか

ぼくたち夫婦も、価値観が違うことはいっぱいある。
でもそれよりも大切なのは、お互いが「一緒に価値観をすり合わせていけるか」(=話し合えるか)、これからの未来で二人で価値観をつくっていけるかなのだ。

価値観が合う合わないでパートナーを見てしまうと、大切なものを見落とすし、その人と別れて違う人と一緒になったとしてもまた同じことを繰り返すだろう。

そうではなく、価値観をすり合わせていけるか、すり合わせる方法が分からないとすれば、パートナーシップにおけるコミュニケーションを学んでいこう。

パートナーと価値観をすり合わせていく方法

50代の男性が結婚相手女性に求めることとは

パートナーと価値観をすり合わせていく方法は以下だ。

・パートナーが大切にしているもの聴き(耳と目と心で聴く)、受け入れる
・自分が譲れないものは何かを自問し、パートナーに主張し伝えていく
・それを価値観の違いが現れるたびに何十年も繰り返す

まず大切なことは、パートナーが大切にしていること、好きなことをとことん知っておくことがとても大事だ。
パートナーを大切にするとは、「パートナーが大切にしているものを、同じように大切にしていく」ことだ。

そのためにはまず聴く耳と目と心を持つこと。
そして受け入れていくことだ。

そして、その相手の価値観を知ったときに、自分の価値観をもう一度考えよう。
それを譲れるものなのか、譲れないならどんな工夫をすればお互い楽にいられるのか、自分はそれを受けて何が大切なのかをパートナーに伝えることだ。

自分は全く気にしないことだったり、二人でルールを決めればストレスはないものだったり、自分にとっては本当に大切なものだから合わせて欲しいとお願いするものだったり。

こうやって夫婦とは、結婚とは、何十年もかけて二人で価値観をつくっていくものだ。
ぼくたち夫婦も出会って12年、何度も価値観をすり合わせてきた。そして二人だけの新しい価値観をつくってきた。

そうやって夫婦はともに成長していくのだ。

いいかい?
あなたがパートナーを選ぼうとしているなら、価値観が合うか合わないかで選ばないようにしよう。
それよりもこの人と一緒に価値観を育てていけるかどうか。何度も話し合っていけるかどうか。

そうやってパートナーを選んでいくんだよ。
大丈夫、あなただったら素晴らしいパートナーと素晴らしい価値観を育てていけるよ^^

今日もあなたが「太陽」のように周りを照らしますように^^

もう一記事いかが?「話し合い」や「パートナー選び」の記事はこちら

【完全まとめ】夫婦恋人「話し合い」の方法やコツ!愛する男性(彼氏・旦那)と分かり合うために大切なこと

あげまん理論における理想のパートナーは「深い話し合い」ができる男性

リアルアカデミー受講生の声!パートナーのために頑張って「我慢」している自分に気づけました


Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!