Insurtech(インシュアテック)とは

e-resident(イーレジデント)とは

Insurtech(インシュアテック)とは、保険分野を示すInsuranceと技術のテクノロジーを融合させた言葉である。
これができた目的は、保険加入者に対して様々な面で意識なく保険契約や保険料の支払いができる事が大きい。

例えば保険契約の際、もしくは保険料支払い時における審査のタイミングでは、様々な手続きが必要となる。

生命保険なら死亡時、病気時、怪我を負った時、自動車保険では事故時がこれに該当する。

自動車保険とInsurtech(インシュアテック)の融合

自動車保険とInsurtech(インシュアテック)の融合
このInsurtech(インシュアテック)は、シリコンバレーの各企業で大変注目を集めている分野である。
それもそのはず、Insurtech(インシュアテック)は自動車保険の分野で革命をもたらし、急ピッチで発展しているからである。

本来の保険契約を行う際は、様々な質問事項に対して自己申告を行い記入する事がほとんどである。
これにより、決められた保険料基準を決定する方式が取られている。

しかしこの自己申告は、申告者が虚偽を記載しても分からない状態である。

ところが最近、シリコンバレーを初めとした欧米を中心に、保険契約の方法が見直されているのである。

具体的には自動車にデバイスを取り付け、アクセル、ブレーキの利用状況、平均速度、経路に至るまで記録ができるのである。

そしてクラウドシステムを活用し、保険会社にデータ送信するのである。
この対処を行う事で、適正な保険料を決定する事ができるようになる。

生命保険とInsurtech(インシュアテック)の融合

生命保険分野でも、Insurtech(インシュアテック)の融合が可能と判断している。
それは近い将来、自動車保険と同様に人にウェラブル端末を取り付け、血圧、心電図、体脂肪率といった人体データを算出し、アクチュアリーにデータ送信する想定をしているのである。

アクチュアリーはそのデータの傾向を踏まえて、現在よりも細分化した保険契約を行う様にできるのである。
ただし人と車の違いとして、生理的に抵抗を持つ方がいる事がある。

そのため、ウェラブル端末以前に保険契約そのものを断られる可能性が高くなる問題がある。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!