【後編】年商1億アフィリエイター菱沼真×中村あきら対談「あげまんを見極めるには、女性の〇〇を見よ!」


20代前半から若くして年商1億円のアフィリエイターとして活躍した現在28歳菱沼真(ひしぬま・まこと)さん。個人規模のアフィリエイターからシステムをつくっていくことで億を超えるトップレベルのアフィリエイターに。そんな20代を過ごした菱沼さんに、アフィリエイトの売上をあげる秘訣とこれからの20代の過ごし方を聞いた。
【前編】「億を超えたアフィリエイターはシステムをつくっている!」
【中編】「20代の成功で得るもの失うもの」

あきら 恋愛について、さらに深掘りしていきたいです。ぼくは結構、「あげまん女性」や「あげまん理論」などをブログで書いているので、恋愛は、メインなテーマでもあります。ひっしーは20代でいろいろな女性を見て来て、女性の見る目を培ったと思うんだけど、あげまん女性を見極める大事なポイントは何かな?

あげまん・年商1億アフィリエイター菱沼真×中村あきら対談

菱沼 僕は結構フィーリングで決めてしまうので、説明するのは難しいですが、自分の価値基準に上手くハマるかどうかだと思います。

あきら その価値基準で選んだのが、今の彼女だと思うだけど、決めた理由はなんだったの?

菱沼 話していて楽しい、一緒にいて安心するのもそうなのですが、あとはやはり思ったのは、両親ととても仲が良いのです。恋愛だと、そこは気にしないのですが、結婚を考えた時に、両親との関係は、とても気になりました。

あきら 彼女側の親ということの関係性ってこと?

菱沼 はい。家の話などをして、お父さんやお母さん、兄弟の話をした時の反応で、家族の関係が分かるのです。彼女は今もお父さんのお腹の上で昼寝するぐらい仲が良いのです。そういうのを聞いて、安心して今後一緒に歩んでいけるなと思いました。結局、親から受けたことしか自分の子供にすることができないのではないでしょうか。親との関係が良いというのは、自分と結婚して子供が出来た時も、子供にそういう対応ができるということだと思います。例えば、僕が仕事で忙しくて家にいなくても、安心して任せられるかなって感じました。

年商1億アフィリエイター菱沼真あげまん

あきら 確かに。でもそれは、いい視点だね。

菱沼 僕は女性と付き合うと、家族の話などを聞きますが、かなりその人の本質が出てくると思うので、オススメです。

あきら 例えば、その人が自分に合うか合わないかという女性になった時に、まず両親に合ってみるという手もありなの?

菱沼 いきなり両親に会ったりはしないです。本人から聞くだけで、大体、家族の状況が分かります。何か問題を抱えていたりすると、そういうのが話の節々に出ます。ですから、そこは結構参考になります。話していてなんとなく違和感がある女性に、それとなく家族のことを聞いてみると、その女性は家族関係で何か問題を抱えてることがあります。両親のどちらかと仲が悪いとか、兄弟仲とか、色々ありますが、やはり何かしらあるようです。

あきら それは結構重要なポイントかもしれないね。遊びきった上で、ひっしーは、やっぱり家族関係が大事だと思ったってことだよね。家族関係が良好な人っていうのが、一つの価値基準ってこと?

中村あきら×菱沼真

菱沼 そうですね。僕は、そこをかなり大事にしています。そして、彼女とその家族の関係が良いと思ったら、次は彼女の両親と僕との関係性も意識します。これは結婚する、しない関係なく、両親と自分との関係性が、どこかちぐはぐだと、自分と彼女との関係性もちぐはぐになってくると思います。

あきら なるほど、わかるよ。例えば、彼氏が人と違う事、違う仕事をやってたとする。彼女が「こういう仕事だけど、いい人だよ」と両親に話した時に、軽く「そうなのね」と受け入れる感じだと、たいてい彼女とも上手く行ったりするというのは、見ていて感じるかな。これが「え?」とか「あやしくないの?」とか「大丈夫なの?」というように、必要以上に勘ぐる人だと、この両親の考え方はこの女性にもあるのだろうなと思ったりするね。

菱沼 そこは、いかに自分の人間性を見てもらうか、ということにもなってくると思いますが、そもそも自分と彼女の両親が合わないというのは、キツいと思います。

あげまん・年商1億アフィリエイター菱沼真×中村あきら対談

あきら つまり、今後、自分に合う人を見つけるうえで、「両親を見よ」ということだね。家族の関係性を聞いてみて、問題がある人は、やはりどこかに問題もある。さらに、自分とその家族とが合わないと、やっぱり彼女とも上手く行かなくなる。

菱沼 その傾向が強いと思います。両親を選ぶことはできないので、割り切ってしまうのも申し訳ないのですが、やはり家族関係で何かあると本人にも出ているし、自分の子供にも出ると思います。それぐらい家族関係が良好というのは大事だと思います。

あきら わかりました。最後に、今後の話を聴きたいと思います。ひっしーは20代で成功して、お金も手に入って、遊んで、女性を見る目も出来ました。そうして、次はどのようなところを目指しているのかな?

ビジネスクラスで彼女とディズニー世界一周!

あげまん・年商1億アフィリエイター菱沼真×中村あきら対談

菱沼 僕は、本当に自分がたいした人間ではないと思っています。僕がすごいと思うのでしたら、誰でも僕になれると本気で思っています。けれど、そこまでの橋渡しをしてくれる人がいないのかなと思います。最近、セミナーなどをする機会を頂きますが、そこで特に重視していることは、「僕のような人間に簡単になれるのだよ」ということです。あとは、世界は本当に広いので、「色々な経験を積むことが大切」ということです。今後は狭く小さい殻にこもってしまっている人たちに、「世界はとても大きいのだよ」ということを伝えていきたいと思ってます。

あきら 了解です。あと、世界中も回っているよね?

菱沼 そうなのです。今年ビジネスクラスで世界一周に行って来ました。僕は、ビジネスクラスに乗ったのは、実は今回が初めてだったのですが、これが今までの価値観をひっくり返すぐらい面白い経験でした。ビジネスクラスは、数十万円もして、高くて一般人は乗れないと思っていたのですが、実は、エコノミークラスの航空券に少し足したぐらいの金額で乗れる方法があったのです。そういう方法を駆使してビジネスクラスに乗ってみたら、本当に素晴らしいサービスでした。それ以降は、若い人に出会うと、海外旅行に行って、1回ビジネスクラスに乗ってみるといいよって、とても言います。若ければ若いほど、この感動はかなり大きいと思います。

中村あきら×菱沼真対談

あきら 次は、彼女とディズニーの世界一周するって話もこの前聞いてて良かったな。

菱沼 そうです。世界一周をビジネスクラスで行く方法が分かり、実際に実践したので、もうひとつ発展性が欲しいと思っています。ディズニーリゾートは世界に6ヶ所あるのですが、これを一度に全て巡りたいですね。もちろん飛行機は全部ビジネスクラスです。さらに、アメリカでは大型客船で、ディズニーが所有するプライベートアイランドへ行くことができます。この島は、ディズニー・クルーズラインでしか行くことができません。長期休暇を取ってこの島や、世界中のディズニーを一度に全部巡りたいというのが、20代でやりたいことです。

あきら いいね。楽しそう。

菱沼 彼女はディズニーが大好きなのです。僕1人だと絶対に行こうと思わなかったのですが、この子とそれをやったら、とても面白いのではないか。そして、それを20代でやれば、一生使えるネタになるのではないかと思いました。ネタになることをどんどんやっていきたいです。後々こういう事をしたと言ったら、みんなが「えー、うそー」と言うようなことをたくさん経験していきたいです。ですので、これからもそういうことを探して、作り出して、やっていきたいですね。

あきら それって、とてもワクワクするね。今日は楽しいお話をありがとうございました。

あげまん年商1億アフィリエイター菱沼真×中村あきら対談

中村あきら×菱沼真対談終わり
(構成・編集 湯ノ口直樹

【前編】「億を超えたアフィリエイターはシステムをつくっている!」
【中編】「20代の成功で得るもの失うもの」

大器晩成ではなくて、大器早成でいこう!

ひっしーの話を聞いてると、20代でできるだけ稼いで、できるだけ遊ぶ!20代で大きな幅の経験をするということの大切さを教えてくれる。

この前、マンガ「サラリーマン金太郎」を読んでてこういう言葉があった。

「本物は大器晩成じゃなくて、大器早成なんだよ。
大器晩成なんて、ただの言い訳でしかない。
早く成功して、さらに化けていくのが本物なんだ。」

先輩経営者を見たり、様々な成功者を見て思うことは、成功した人ほどさらに成功していくということだ。
20代で早く成功した人ほど、どんどん成功していく。

その最初の成功、最初の一歩に早すぎることなんてない。

大器早成でいこう!

この記事が載ってある「まとめ記事」はこちら

中村あきらの「あげまん・あげちん」理論まとめ

【完全まとめ】パートナーを成功させる!あなたもあげまんになれる!「あげまん・あげちん理論」


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

中村 あきら

こんにちは、あきらです! 読んで頂きありがとうござます。このAKIRA DRIVEは、僕の活動をまとめています♪ このブログから色んな情報やインスピレーションを持って帰ってもらえたら嬉しいです。そして、いつか地球のどこかでお会いしましょう! フォローはこちら →  Twitter https://twitter.com/akira207 Facebook https://www.facebook.com/akira19850402