H-1Bビザとは

H-1Bビザ

IT系の技術者の中には自分自身の能力を高めたいと願いシリコンバレーで仕事をしたいと思っている人は少なくない。アメリカでプロフェッショナルが仕事をするために必要になるのがH-1Bビザと呼ばれている入国査証である。



アメリカで就労するためのH-1Bビザとは

IT業界の最先端でスタープレイヤーが活躍するシリコンバレー。Microsoft社やApple社やGoogle社、Amazon社といったOSやインターネットを活用し、ビジネスを推進するのに不可欠なソフトウェアやサービスを提供している巨大企業が活躍している。

ソフトウェアエンジニアやコンサルタントなどのプロフェッショナルがシリコンバレーで

就労したいと思っても、アメリカ国籍を持っている人かグリーンカードを取得してアメリカに永住権を取得している人でないと合法的な就労はできない。

こういったときにアメリカ合衆国政府から発給されるビザとしてH-1Bビザがある。

H-1Bビザはどのような人に発給されるのか

H-1Bビザは、原則としてシリコンバレーなどアメリカ国内での企業で雇用される予定である場合やアメリカ国内の4年生大学を卒業していて、職務内容が専門的な知識や技術が必要であることがあげられる。

企業が専門職の外国人労働者を雇用するためのH-1Bビザは、アメリカ国籍を持たず、グリーンカードも取得していない非移民のためのビザだ。

コンピューター・スペシャリストやアナリストなどのほか医師や薬剤師など専門知識を必要とする分野の仕事を専門職という。

Google社でのITプロフェッショナルの年収は12万ドルから18万ドルを超える。こういったところに魅力を感じ、プロファッショナルとしてシリコンバレーを目指すものにとってH-1Bビザを取得することは決して難しくはない。

H-1Bビザの取得方法

H-1Bビザ

外国人労働者とアメリカの雇用主の双方が移民局の定める要件を満たしている場合にはH-1Bビザを取得する資格を得ることができる。

H-1Bビザの年間発給数には制限があり、一般枠として65,000件の割り当てが行われ、そのうち6,800件がチリとシンガポールの国籍の人への優先割り当てとなる。そのため58,200件のビザがその他の国の人々に割り当てられる。

この一般枠以外に、アメリカの大学で修士号以上の学位を取得した人を対象としたH-1Bビザとして20,000件の枠がある。

ビザの申請受付は4月1日に始まり、20,000件の修士号枠に対して申請者が多い時は抽選を行い、一般枠の受付数が上限を超えると修士号枠の抽選に漏れた申請書と一般枠の申請書を加えたものから一般枠の抽選を行うのである

外交官や政府職員等のためのAビザや投資家のためのEビザ、外国報道関係者のためのIビザなどのアメリカで就労することができるものは他にもある。

中でもシリコンバレーなどで就労したいと考えている人にはH-1Bビザは大変魅力的なものである。こうしたことへの対応は移民法に詳しい弁護士に相談をすると確実な対応ができる。

H-1Bビザは大学を卒業したばかりの外国人でも要件を満たしていればアメリカで就労することのできる非移民ビザとして発給を申請することができるため人気が高いのである。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

「あげまん・あげちん理論」
オンラインサロン

facebookグループ限定の投稿や、実際のあげまん女性会員・著名人のゲストなどの実際の経験をシェアしながらここでしか見れない実際のリアルな経験を見ることができます。