GovTech(ガブテック)とは

e-resident(イーレジデント)とは

GovTech(ガブテック)とは、政府を示すGovernmentと技術のテクノロジーを融合させた言葉である。

このGovTech(ガブテック)は、公的分野におけるサービスとIT技術が融合したサービス領域であり、政治活動の支援やCivicTeck分野のマッチングなどを挙げる事ができる。

またネット選挙や国立国家図書館の保存、管理などにテクノロジーを取り入れ、デジタルやICTが既に産業に溶け込んでいる今、GovTech(ガブテック)におけるICT利活用が重要となっている。

シリコンバレーとGovTech(ガブテック)

シリコンバレーとGovTech(ガブテック)
現在の産業分野において、デジタルとICTが様々な産業に溶け込み、あらゆる物がつながる状況となっている。

その結果、各産業で情報流通の非効率が急速に解消されるようになり、そこから多くのビジネスチャンスが誕生している状況である。
またこの動きの中にはGovTech(ガブテック)も含まれており、対象の広がりと活用の深さに伴ってビジネスチャンスは更に加速していくと考えられている。

そしてこのビジネスチャンスには、必ずといってシリコンバレーで開発された製品があり、これにより多くの人々の生活が一変しているのである。

つまり、シリコンバレーとGovTech(ガブテック)は良い関係にあるといっても過言ではないのである。

GovTech(ガブテック)の今後

公的分野は、国民の社会生活に身近な分野である。

その分野においてICTの利活用は社会の利便性、効率性の向上、経済発展による成長には欠かす事のできないものである。
更に今後も増大するであろうビッグデータは、ICTの進化により目まぐるしく進化していくと考えられる。

またネットワークが今後は更に発展し、個人で持つ携帯端末の普及により、いつでも何処からでも各企業にアクセスする事ができる現代社会になりつつある。

その際に避ける事のできない膨大なビッグデータは、今後どのように蓄積していくかが大きな問題となっている。

しかし、このようなICTの利活用で成功しているGovTech(ガブテック)は、今後のマーケットには必要不可欠であると考えられる。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

「あげまん・あげちん理論」
オンラインサロン

facebookグループ限定の投稿や、実際のあげまん女性会員・著名人のゲストなどの実際の経験をシェアしながらここでしか見れない実際のリアルな経験を見ることができます。