ガンジー、魂の言葉


あきらです。

ガンジーの言葉を紹介します☆

とても好きな言葉です。

 

彼は、南アフリカでインド人を差別する法律に反対し、

インドに帰国してから、共同社会を築き、農民の間に暮らし、

自分の手で織った一枚の布を身にまとい、

無抵抗と平和主義を説き回り、

断食の力だけで内乱を止め、

自分の信念のために繰り返し逮捕されました。

 

そして一人の力で、血を流すことなく、3億人ものインド人をイギリスの支配下から

解き放ったんです。

 

また最後に、ヒンズー教はイスラム教に優るということを、主張しなかったため

ヒンズー教の過激派に暗殺されたのです。

 

そんな彼の生き様からでた魂の言葉です。

 

—————————————–

 

あなたがもし、だれかの心を軽くしたいと思うのなら、
あなたがもし、だれかの心を明るくしたいと思うのなら、

だれかの力になりたい、
だれかを励ましたい、
だれかを勇気付けたい、

あなたがもし、そう思うのなら、
あなたが輝いていることが、何よりのメッセージ。
何の言葉もいらない。

とにかく あなたが楽しく、明るく、元気でいることが、
夢を生き全力で生きること、その姿勢、その背中が、
まわりの人を励まし、元気づけ、勇気を与える。

だから、自分の人生を最高のものにすることそのものが、
あなたが大切にしたい人にとっての、最高の贈り物になる。

あなたの生き様が、
無言のエールを送り続けている。

もし、いま発しているメッセージが、
自分の伝えたいと思っているメッセージと一致しないのなら、
いますぐ、自分が伝えたいメッセージを発する生き方をする。

あなたが、発しているメッセージはなんだろうか?
My life is my message.

口で何か伝えようとしなくていい。
私たちの生き様自体が、何かをそのまま伝えている。

そんなはずはなかった、
そんなつもりはなかった、
そんな言い訳もいらない。

ただ、その伝わったものは、本当に伝えたかったものか。
自分の生き様のメッセージとして選ぶに値するものか。

「私は、自分だけがエライと思っている」とか、
「私は、ビクビクしている」とか、
「私は、楽したい」とか…

伝わってしまうのだ。

わたしたちの生き様は、
正直に自分を伝えてしまうのだ。
人生はメッセージそのもの。

人生のムダをなくするとか、
要領よく生きるとか、
そういう次元の話でなく、

「いま伝わっている生き様が、
本当に伝えたいことなのか。」
という次元から離れては、ならないのです。

だれではなく、自分に正直に生きるのです。
あなたの人生なのだから。

あなたは何も語らなくていいのです。
なぜならあなたの人生がすべてを語っているのです。

 

—————————————

 

何も語らない、俺にはできるだろうか

そう考えてしまいます。

 

やっぱり何かを伝えたい。

もっとこんな生き方があるんだよって。

 

出来れば自分の言葉で伝えられる人になりたいです!

 

いつも読んで頂きありがとうございます ニコニコ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!