男二人大分秘湯めぐりの旅


実家の長崎に友達と帰飛行機で帰っているとき、

 

「温泉入りたくねぇ?」

 

じゃあじゃあじゃあじゃあじゃあ(大泉風)

入りに行こう。

 

ということで、行って来ました。

~男二人大分秘湯めぐりの旅~

一緒に言ったのは、タイラというやつ。こいつとは、長崎に帰ったら色んなとこに行っている

「長崎穴場巡り」「釣りスポット巡り」「滝巡り」などなど。

で、今回は秘湯巡り。今回の旅は、温泉の産地大分で普通に宿泊してゆったりするのではなく、温泉だけに入りに行く。出来るだけ数多くの温泉に入る事が目的である。

最初、歩いていこうかという事になったが、さすがにそれは無理だと、、、いうことで車で 笑

 

いざいざ出発!
あのサッカーで有名な国見町を抜け、島原へ

晴天です。

秘湯日和ですね(^^)

 

島原からフェリーで熊本を抜けます。

フェリーの名は、その名も

船「オーシャンアロー」船

 

かなり綺麗なフェリーでした☆

カモメに餌をやれるという事で、やっていると、、、、
 

手を噛まれました!!ショック!

めっちゃイッタいんです!てか200匹ぐらいいるんですよ、それが旋回しながらアクロバットに襲ってくるんです。

恐いわ。

 

熊本県に到着~。

さぁ記念すべき一個目の温泉は、阿蘇の「地獄温泉」
いきなり地獄かよと。

 

俺「やべー、すげー気持ちいい」

た「ヤベー」

やべーしか言ってない。

 

ここはねー、混浴でした。はっきり言って混浴なんて男ばっかり、婆ちゃんばっかりと思っていました。

でも、ここは違った。

 

俺らは思った。

 

撮影してて大丈夫なのか?俗に言う盗撮というやつではないのか?

しかし、絶対温泉の風景は撮影したい!という事で、急いで撮影!

 

俺「やばい、急げ!」声デカイ・・・)

 

※もちろん女の人は撮影していません 笑

この時点では、女の人はいなかった。

 

でも、普通に女の人が入ってくる。

同じ世代の人はいないが、30代前半や中学生の女の子など7~8人はいた。

 

さすがに子供たちは、タオルを巻いてるが、30代の人たちは丸見えじゃん 笑

 

隣のおじさんと喋る

 

おじさん「ははっ、こういう時若い兄ちゃんは、どうすればいいか分からんやろ」

俺「そうですねー(^_^;)」

おじさん「女の子の方が堂々としているもんじゃ。見たいなら見ろみたいな感じじゃ。逆に男の方が、縮こまってしまうもんじゃ 笑」

(おっちゃんは慣れてるみたいやな・・・)

 

まさに、その通りだ。早く出たい。。。

でも、30代の女の人と仲良くなってしまい、旅の話で盛り上がる。

目のやり場に困る。

 

さぁそろそろ出ようか、というところで

俺らには一つの大きな問題があった。

 

前を隠すタオルがなかったんだ。別に、恥ずかしい訳じゃない。

その前から、女の人たちには見られてる。

ただ、中学生の女の子に、俺らの裸を見せながら通り過ぎるのはどうだろうか?

 

犯罪じゃないのか??

 

しかし、俺らはもう限界だった。正直、のぼせてた。

もういいや。

 

走って脱衣所へ!(走る男二人)

 

やっと一つ目の温泉が終了。

 

俺「疲れたな。」

た「あぁ、疲れた。」

俺「これ、温泉巡りって意外にきついな」

た「もう、止めない?」

 

はっきり言って、長居しすぎた。温泉は疲れる。

 

俺「泊まるとこを探そう。」

た「どこ泊まる?」

俺「・・・・・。」

泊まるとこが決まってなかった。あたりは暗い。

阿蘇の山の中。

 

た「とりあえず、大分まで行く?」

俺「行こうかーー。」もうヘトヘト)

 

——————————————-

 

8時、別府(べっぷ)に到着。

地元の人に聞きまくる。

 

俺「すいません、安い宿知りませんか?」

おばちゃん「5000円ぐらいかしら?」

俺「高いっす」1000円の素泊まりぐらいで・・・)

おばちゃん「じゃあ、ないわねぇ」

 

さすが高級温泉街「別府」だ。探せど探せど見つからない。

 

何人の地元の人に聞いただろうか

 

————————————————–

 

やっとこさ、今日泊まれるホテルを探せた。

負けに負けて3500円のビジネスホテル。

でも、屋上が天然温泉!

いい!(サイコー)ニコニコ

 

俺「風呂入って、酒飲んで寝よー」(オヤジじゃん)

た「いいよー」

 

そして、チェーンの白木屋で飲む。

 

た「かんぱーい」

俺「乾杯ー!」

 

温泉入って、酒飲んで、ぐっすり寝ました。

いやー幸せです。ニコニコ

 

明日は、温泉回るぞ!!

 


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

中村 あきら

こんにちは、あきらです! 読んで頂きありがとうござます。このAKIRA DRIVEは、僕の活動をまとめています♪ このブログから色んな情報やインスピレーションを持って帰ってもらえたら嬉しいです。そして、いつか地球のどこかでお会いしましょう! フォローはこちら →  Twitter https://twitter.com/akira207 Facebook https://www.facebook.com/akira19850402