【動画あり】世界一と言われるフィンランドの教育がやばい!「学校とは幸せになる方法を見つける場所」

【動画あり】世界一と言われるフィンランドの教育がやばい!「学校とは幸せになる方法を見つける場所」

今や世界一と言われるフィンラインドの教育の動画があったので紹介したい。

この動画は、フィンランドの教育を紹介したものだ。

昔のフィンランドは、アメリカと肩を並べる教育水準だった。
しかし、現在では、フィンランドは世界第1位の教育大国として君臨している。

アメリカとフィンランドの比較

アメリカとフィンランドの比較

上の図からわかるように、アメリカにフィンランドは圧倒的に差をつけている。

学校は幸せになる方法を見つけにいく場所

この動画でぼくが印象的だったのが、学校とは「幸せになる方法を見つけにいく場所だ」と語っていたことだ。

学校は幸せになる方法を見つけにいく場所

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-27-21-24-24

フィンランドの学校に通う生徒の言葉

「他の国の教育は、多くがテスト対策のために3分の1以上もの時間を使っている。」

ぼくが住んでたシリコンバレーの人も、多くの子供たちがプレッシャーに潰されそうだと語ってた。
そんな中で、幸せになる方法という一見抽象的な目的に向かって教育することで、結果的にはフェインランドは世界一の秀才たちを世界に排出している。

ぼくも子供が生まれて1年がたつ。
毎日、子どもと顔をあわせると、どのような教育がこの子にとっていいのだろう?と考えずにはいられない。

最近、ぼくはフィンランドのお隣の国エストニアのイーレジデンスカード(電子居住カード)を申請中だが、この北欧諸国の教育にはすごく惹かれている自分がいる。

とりあえずフィンランドやエストニアには旅行に行ってみよう。
ぜひフィンランドの教育に触れてみてはいかがだろう。

もう一記事いかが?

教育にブロックチェーンの技術をつかう未来の価値

【Edtech事業】教育×ブロックチェーンの事業に挑戦したい

【後編】シリコンバレー学生起業家・戸村光×中村あきら対談「日本の教育とアメリカの教育は何が違うのか?」


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

中村 あきら

こんにちは、あきらです! 読んで頂きありがとうござます。このAKIRA DRIVEは、僕の活動をまとめています♪ このブログから色んな情報やインスピレーションを持って帰ってもらえたら嬉しいです。そして、いつか地球のどこかでお会いしましょう! フォローはこちら →  Twitter https://twitter.com/akira207 Facebook https://www.facebook.com/akira19850402