Exponential Growth(指数関数的成長)とは

Exponential Growth(指数関数的成長)とは

Exponential Growth(指数関数的成長)とは何かということを説明する前に、指数関数について理解する必要がある。

指数関数は累乗の指数が変数となって値が大きくなるにつれ、程度や量が増していく状態の事である。
一般的に片仮名のノの字のように、左から右に上がるグラフを想像して貰えると理解が早い。

指数関数的成長は企業の成長する様子を表す言葉で、そのような成長を遂げる企業を別名で飛躍的企業と呼ぶ事がある。

一般的に企業の成長する様は、立ち上げ当初は売り上げが悪い状態からスタートし徐々に売り上げを伸ばすが、指数関数的成長を遂げる企業は、あるタイミングを境に急激にパファーマンスが向上し、また改善することで劇的に成長をするのである。

指数関数的成長を遂げる企業は、その爆発的な成長の結果としてマーケットにおいてとても大きな変化をもたらすのである。

シリコンバレーのベンチャー企業

シリコンバレーのベンチャー企業
シリコンバレーは、カリフォルニア州の中心サンフランシスコ湾を囲むハイテク産業が盛んな地区で、最先端のベンチャー企業が集まる商業地域である。
そしてシリコンバレーで企業を興すベンチャー企業は、指数的関数成長を遂げている企業がとても多い。

具体的な企業で言えば、アップル、エレクトロニックアーツ、Google、ヒューレット・パッカード、インテル、Facebook、オラクル、シマンテック、Yahoo!、Twitterなど、誰もが一度は聞いた事のあるような企業が揃い踏みしている事が何よりの証拠となる。

ここに挙げた企業の成長経緯を見てみると、明らかに通常の企業と異なる成長を見せていることが分かる。

本来であれば、通常の企業で最初の3年くらいは赤字経営をしたとしても、4年目くらいからある程度の利益が出てくるものだが、シリコンバレーの各企業は年率40%、つまり約2年で倍になるくらいの成長を遂げている事実がある。

そのためシリコンバレーで生き残るためには、これくらいの成長を見せないと成功する企業の仲間入りは出来ないと言える。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

中村 あきら

こんにちは、あきらです! 読んで頂きありがとうござます。このAKIRA DRIVEは、僕の活動をまとめています♪ このブログから色んな情報やインスピレーションを持って帰ってもらえたら嬉しいです。そして、いつか地球のどこかでお会いしましょう! フォローはこちら →  Twitter https://twitter.com/akira207 Facebook https://www.facebook.com/akira19850402