起業家は「価値」があるサービスをつくらなければいけない!価値があるサービスって?


どれだけ価値あるサービスを作れたかが、起業家の生きた証だ。

先日、先輩経営者の人と話して言われたことがある。

「中村くん、経営者として生きていくんだったら、価値あるサービスを作らないといけないよ」

価値あるサービスってなんだろうか。
今日は価値あるサービスについて考えてみたい。

 

価値があるサービスとは、なくなったら困るサービス

価値があるサービスとは、なくなったら困るサービスのことだ。

例えば、Googleがいきなり「明日から検索エンジンのサービスやめます!」って言ったらどうだろう。

ユーザーはどんな反応するだろう。

「はぁ!?いやいや、ふさけるな!」
「こっちはGoogleがないと食べていけないんですけど!」

もう世界中が大パニック、怒り心頭のはずだ。

もはやGoogleがない日常なんて考えられない。Googleで生計を立てている人がどれだけいるか。Googleがなくなったらどれだけ不便になるか。

こんな風になくなったら困るサービス、それが「価値」あるサービスだ。

どれだけ「価値」があるサービスを世に出せたかが、起業家の生きた証

起業家として生きて、死んだときにどれだけ「価値」があるサービスを作れたか。
それこそが起業家の生きた証じゃないかなってぼくは思う。

本当に「価値」があるサービスってのは自分が死んでも続いていく。

世界中の人がなくなったら困るサービスを持っている会社。
それが世界一の会社だ。

価値あるサービスを作っていこう。

 


Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!