Edtech(エドテック)とは

e-resident(イーレジデント)とは

Edtech(エドテック)とは、教育を示すエディケーションと技術を示すテクノロジーを組み合わせた造語である。

目的は教育分野をテクノロジー技術と融合させて、新しいイノベーションを起こすビジネス領域を開拓する事にある。
簡単にいえば、オンラインを活用した教育サービスと考えてもらうと理解しやすい。

現代においては、ブラウザ上でインタラクティブにプログラミングの勉強、オンライン動画を参照して勉強するといった利用方法を挙げる事ができる。

シリコンバレーで力を入れているEdtech(エドテック)

シリコンバレーで力を入れているEdtech(エドテック)
現在のシリコンバレーでは、IT分野のスタートアップ投資の中でもEdtech(エドテック)にかなりの関心を示している。
これを裏付ける事として、今後必要なスキルが何かをテーマにしたディスカッションの場では、教育というキーワードが頻繁に使われている程である。

アメリカで教育分野においては、100年以上はイノベーションが起きていないといわれている。
そのためシリコンバレーから教育分野に力を入れ、イノベーションを起こそうという動きが高くなっているのである。

また驚くべき事に、シリコンバレーでは毎日数え切れないほどの教育イベントが行われている事である。

ローカルイベントにしても、現在では企業を超えたネットワークも可能である事もあり、そのほとんどのイベントが参加費が無料である。
しかも企業家、先生、エンジニアも揃って参加しているのである。

Edtech(エドテック)の魅力

米国の規模と影響力はとても大きい。
米国での教育分野におけるベンチャー年間投資額は、日本の非ではない。

それでもアメリカ全体で考えた場合、4%という以外な数値となるというから驚きである。

ではなぜ、米国でEdtech(エドテック)の投資が盛り上がっているかというと、ポイントは二つある。
一つ目はITバブル崩壊後、徐々に投資額が持ち直され現在増加傾向にある点、二つ目に大型の資金調達を行っているスタートアップが多い事である。

実際のところ、25億以上の資金調達を行った教育関連のスタートアップも多く存在しているのである。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!