e-resident(イーレジデント)とは

e-resident(イーレジデント)とは

e-resident(イーレジデント)とは、オンラインを使用した電子居住を取得し、バーチャル住人として国のあらゆるビジネスを利用できるものである。

最近ではテクノロジーの発展により、世界中の人々と交流を図れるようになっている。
この交流自体はとても良い事であるのは間違いないが、その結果として国の概念が希薄しつつある。

この事を象徴するように、世界初となるエストニアのe-resident(イーレジデント)という制度が、世界中の注目を集めているのである。

このエストニアは北欧のシリコンバレーとも呼ばれる程、IT先進国として有名である。

e-resident(イーレジデント)でできる事

e-resident(イーレジデント)でできる事

e-resident(イーレジデント)では、選挙での投票や居住IDカードの取得などはできないが、エストニアの全ての電子サービスは受ける事ができるのである。

これには、銀行口座の開設や企業経営も含まれている。
エストニアは北欧のシリコンバレーとも呼ばれるだけあり、デジタル技術が非常に進んでいる国である。

そのため自国をデジタル的に開放し、誰でもエストニア経済の一員として参加できるという思想で考えられている。
この考えは、世界中の投資家やエンジニアの間でとても好感が持たれている。

またクラウドや遠く離れた土地から、いつでも何処でも管理できるとして賛同者が多い事実もある。

e-resident(イーレジデント)での魅力

東欧には、多くのビジネスチャンスが転がっている事は事実である。
このバーチャルサービスは投資の可能性を充分に秘めており、投資家にとっては魅力的である事は間違いはないものである。

実際、エストニアには3万社にも及ぶ事業が溢れているが、この政策により更に1万社の増加を見込んでいる。
エストニアからしてみると、この増加は大成功であるといえる様である。

またこのe-resident(イーレジデント)での電子居住申請者は、現在1万人を越えているのも事実である。
この事から、予測として2025年までには1000万人の電子申請者が登録すると考えられているのである。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!