夢を実現する山、富士山


この本を読みました。
『富士山が世界遺産になる日』

最初、富士山を世界遺産にするって活動をしていると知った時、大人でも

バカやってんなーと思って買いました(^^)

 

でも、そんな事なくてすげー面白かった!

文章もユーモアたっぷりでした。

 

富士山が世界遺産になぜ相応しいのか。

何より、日本人の歴史にどうかかわってきたのか。

 

富士山は、微動だにする事無く自分達に強いメッセージを送っています。

そして富士山に登る人が自分なりの物語を持っています。

 

ある人は、人生の区切りとして富士山に登ったといいます。

 

また、俺の知り合いのGRIP代表清水さん、ファシーさん、ポロ久保さんは

「無一文で新宿から富士山に登る」と言う事をやって

そこで出会う人、信じる事の大切さ、仲間の大切さ、大事な事を得てすげー人達になっています。

それはなんと本になってます虹

橋本 俊輔
5人のバカが富士を目指す―「信じる」って何?「仲間」って何?

 

また、他の学生は

4千人の夢をハンカチに描いてもらって、それを巨大な旗にして富士山の頂上に届けました。

「富士山は夢を実現する山、富士に僕達の夢を届ける事で、日本が元気になる気がします」キラキラ

と、彼は言ったそうです。

 

またある企業では、毎年新入社員に富士登山をさせ、心を一つするといいます。

あるいは、清掃をして自分達の理念や目標を確認しあう企業もたくさんあります。

 

かなりの人が

富士山に登るという事と自分の人生の何かを重ね合わせて登ってると想像できます。

富士山に登らなくとも、富士山からどれだけ多くの人が生きる勇気や人生の節目にインスピレーションを貰ったか、その数は計りきれないでしょう。

 

なので

7月、世界一周する前に富士山に登りたいと思います!チョキ

 

まず日本一を目指し、世界に飛ぼうと思います アップアップアップ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

「あげまん・あげちん理論」
オンラインサロン

facebookグループ限定の投稿や、実際のあげまん女性会員・著名人のゲストなどの実際の経験をシェアしながらここでしか見れない実際のリアルな経験を見ることができます。