Disrupt(市場を一変させる)とは


Disrupt(ディスラプト)とは、直訳すると崩壊させるとなるが、ビジネスの場では破壊による変革といった意味で使われている。

特に急速な発展、普及、低コスト化を求められるデジタル分野やテクノロジー分野においては、今までと同じ形態をとっていては生きてはいけないという現実がある。
そのため、これまでの商慣習やビジネスモデルといった市場上位企業の競争優位を覆す、破壊的なイノベーションが必要であると考えられている。

シリコンバレーの巨大企業でも Disrupt(ディスラプト) は注目している

シリコンバレーの巨大企業でも Disrupt(ディスラプト) は注目している

シリコンバレーの多くの企業では、テクノロジーやこれに伴う Disrupt(ディスラプト) は、もはや専門家だけの問題と捉えておらず、広く経営層が共通的に意識すべき事象と提唱している。
そのため現在、 Disrupt(ディスラプト) は経営戦略の一部と位置づけられている。

また、最近のシリコンバレーの巨大企業の基調講演やディスカッションを聞くと、頻繁にDisruptというキーワードが出てくる。
ここで使用する多くの Disrupt(ディスラプト) は破壊的イノベーションのことを指し、またDisruptを起こす側のことをDisrupter(ディスラプター)と呼んでいる。

今後、加速するこの Disrupt(ディスラプト) の中で生き残れる企業はそれほど多くないと言われている。

Disrupt(ディスラプト) の影響はとても大きい

Disrupt(ディスラプト) の影響はとても大きい

シリコンバレーの巨大企業が Disrupt(ディスラプト) という言葉に、とても敏感となっているのには理由がある。
それは、市場では常にDisrupterが誕生し、テクノロジー業界が大きく変革しているからである。

代表的な例として、アップルのiPhoneの登場が挙げられる。
iPhoneは音楽体験、映像視聴体験、写真、動画など、デジタル利用のありとあらゆるものを変えてしまい、関連する業界を Disrupt(ディスラプト) し続けている。

また現在、テクノロジー分野においてIOEがある。
このIOEは、IOTという概念を拡大して言い換えている言葉で、現在は国、都市、企業、家、人、思いつくあらゆるものが全てインターネットに接続ができるものとなっている。

テクノロジーによってビジネスの変化のスピードが加速し、どのような人や物であってもハイテクとなる可能性を秘めている。
このように、Disruptの影響は瞬く間に世界中のマーケットを巻き込む力を持っているのである。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

中村 あきら

こんにちは、あきらです! 読んで頂きありがとうござます。このAKIRA DRIVEは、僕の活動をまとめています♪ このブログから色んな情報やインスピレーションを持って帰ってもらえたら嬉しいです。そして、いつか地球のどこかでお会いしましょう! フォローはこちら →  Twitter https://twitter.com/akira207 Facebook https://www.facebook.com/akira19850402