子ども


あきらです。

このブログの読者になってくれている方って、主婦の方が多いので

この詩を紹介したいと思いますニコニコ

子ども(ドロシー・ロー・ノルト)

批判ばかりされた子どもは、非難することをおぼえる

殴られて大きくなった子どもは、力に頼ることをおぼえる

笑いものにされた子どもは、物を言わずにいることをおぼえる

皮肉にさらされた子どもは、鈍い良心の持ち主となる

しかし

激励を受けた子どもは、自信をおぼえる

寛容に出会った子どもは、忍耐をおぼえる

賞賛を受けた子どもは、評価することをおぼえる

フェアプレーを経験した子どもは、公正をおぼえる

友情を知る子どもは、親切をおぼえる

安心を経験した子どもは、信頼をおぼえる

かわいがられ、抱きしめられた子どもは、世界中の愛情を感じ取ることをおぼえる

俺は、自分の子どもを持つのが何よりも楽しみですニコニコ

はっきり言って、俺がこれから生きてく上で経験していく事は、全部自分の子どもに伝えるためだと思っています。

「その日」が来た時、まず何より自分が夢に生きていたい。

そして、もろ手を広げて「素晴らしい世界にようこそ!」っていえる人間でありたい。

絶対、「お前はまだ若いから」とか「現実はそんな甘くない」とか

いう親でありたくない。

食卓で、世の中の愚痴を聞かせたくない。

あー、伝えたい事がいっぱいある。

連れて行きたい場所がいっぱいある(>_<)

世界も一緒に回りたい。

世界遺産とかもちろんだけど、その国の人々の暮らしを見て欲しい。

1回回って、10年ぐらいたってまた回りたい。

10年たったら世界がどう変わるのか見せたい。

そして自分がどう変わったのかを感じて欲しい。

すべてを伝えたうえで、

自分なりの答えを出して欲しい。

でねでね

俺、絶対子どもに言いたい言葉があるんですよ(*´∇`*)

「愛してるよ、

奥さんの次にねニコニコ

って。

子どもは自分の夢だけど、奥さんが一番なんです。

これは俺がどんな奥さんを持ったとしても言います 笑

俺がこの夢を叶えるには、今の生き方を貫けばいいだけ。

今ずっと卒業したら何しようか、考えてます。

世界回り続けてもいいし、就職してもいし、清水さん達と何かやってもいいし。何でもいい。

あー幸せだー!ちくしょー!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!