シリコンバレーは「テクノロジー」の首都だ。自分の専門分野の『首都』に住もう!

capital-city

シリコンバレーに住んでて思うことは、そのブランド力の高さだ。
車で半径1時間ほどの土地に、世界中から人が集まってくる。

シリコンバレーは、まさに「テクノロジー」の首都だと言えるだろう。

あなたの専門分野はなんだろうか?
教育、芸術、農業、スピリチュアル・・・・。

例えば、芸術ならフランス。音楽ならオーストリア。心のことならインド。
そういう風にして自分の専門分野には、世界中から集まってくる国や街があるはずだ。

今日伝えたいのは、自分の専門分野の『首都』に住もう!ということだ。

自分の専門分野の『首都』に住むことで得られるメリット

実際に住んでみて、自分の専門分野の『首都』に住むことのメリットを並べる。

最先端を肌で感じれる

これは想像できるだろう。
『首都』はある意味では、その分野の究極のオタクが住んでいる。

彼らは、新しいものしか興味がない。
だから彼らとふれていると、自然に新しい情報が入ってくるのだ。

世界中から知識を持った人が見学に来る。

シリコンバレーに住んでると、日本からの経営者・ビジネスマンが多く訪ねてくる。
彼らもある程度の知識を持っている場合が多い。

そういう人たちは、自分以上に知識を持っている人も多い。
『首都』に住むことで、そういう人達からも学ぶことができるのだ。

さらに訪問してくれた人に、アウトプットすることで自分の知識はさらに深めることができる。

一流たちが育った空気に無意識に触れることができる

シリコンバレーにはある程度の収入がないと住むことはできない。
彼らと同じ空気に触れることで、無意識のうちにエネルギーをもらうことができる。

また住むことで、なぜここで起業家たちが育つのか、テクノロジーが育ったのかを理解することができる。
シリコンバレーの起業→バイアウト→投資などのエコシステム、カリフォルニアの温暖な気候、アメリカの広大な大地。

それら全てが、その土地を「テクノロジーの首都」にしたのだ。

人間は意識的に受け取ることよりも、無意識に受け取る情報のほうが100倍多いのだ。
だからこそ、あれこれ考えずに無意識にそのエネルギーを受けにいこう。

本物を毎日見ているだろうか

ここで大前研一さんと並ぶ仕事における思想家、今では世界のグローバルリーダーが集まるダボス会議に参加し、内閣官房参与をつとめる田坂広志さんの言葉を紹介したい。

パリの風景

パリで画家が育つ理由

遠い昔、ある著名な画家に聞いたことがあります。

なぜ、パリでは、
あれほど多くの優れた画家が育つのですか。

この問いを発しながら、私が予想していたのは、
次のような答えでした。

パリには、
優れた美術学校がたくさんあるからだよ。

しかし、その画家から返ってきた答えは、
私の予想外のものでした。

  パリには、
  本物の絵がたくさんあるからだよ。

その画家は、静かに、そう答えたのです。

ある「高み」にまで達したものを、
毎日のように、見る。

そして、知らず知らずに、
その「高み」を、自分自身の目標に重ねあわせていく。

その無意識の営みこそが、
一流のプロフェッショナルが育つための条件なのでしょう。

そのことを考えるとき、
一つの問いが、心に浮かびます。

  我々は、毎日、「本物の絵」を見ているだろうか。

その問いが、心に浮かぶのです。

田坂広志『風の便り』より

自分の専門分野の『首都』に住むということは、毎日「本物の絵」を見続けることができるということだ。
知らず知らずに、自分をその高みへ、導いてくれる。

「高み」に毎日触れることで、自然にその道が拓けるのだろう。

最先端・本物があふれる『首都』にいって、高みへと導いてもらおう!

もし大きな夢や、成し遂げたいことがあるのであれば
自分がその分野で立っていくために一度は『首都』へ住んでみよう。

その経験が、後々きっと生きてくるはずだ。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

中村 あきら

こんにちは、あきらです! 読んで頂きありがとうござます。このAKIRA DRIVEは、僕の活動をまとめています♪ このブログから色んな情報やインスピレーションを持って帰ってもらえたら嬉しいです。そして、いつか地球のどこかでお会いしましょう! フォローはこちら →  Twitter https://twitter.com/akira207 Facebook https://www.facebook.com/akira19850402