【カオハガン島】何もなくて豊かな島「カオハガン」で島経営を学ぶ

何もなくて豊かな島 カオハガン島

フィリピンのセブ島南10キロ、オランゴ環礁にあるカオハガン島にやってきました。
ここは風の島と呼ばれてて、北東の季節風アミハンが吹いています。

この風がめちゃくちゃ気持ちいい。
本を読んでたら、絶対昼寝しちゃいます。

この島は日本人の崎山さんが20年前サラリーマンだったとき、当時1000万円で購入したそうな。
本で「何もなくても豊かな島」が出ていて、7割が日本人、残りが台湾人というお客さん。
ほとんどが本を見てくる人達でした。
島民700人は日本語も分かります。
また自分達で「珊瑚礁自然保護区」を創り、違法な漁を取り締まり入域料でお金の流れができる。
そして何より、豊かな自然を残せる。

島の経営を勉強させてもらいました。
島経営いつかしてみたい!

カオハガン島にて
カオハガン島 フィリピン ラプ=ラプ ‎

 

世界企業訪問記

今まで行ってきた世界中のオフィス写真がまとめてあります。

中村あきらの世界企業訪問記はこちら

 


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

「あげまん・あげちん理論」
オンラインサロン

facebookグループ限定の投稿や、実際のあげまん女性会員・著名人のゲストなどの実際の経験をシェアしながらここでしか見れない実際のリアルな経験を見ることができます。