C-level(Cレベル)とは

シリコンバレー用語集

C-level(Cレベル)とは、経営幹部レベルCEO、CFO、COOなど、経営を司っているレベルのことを言う。

要するに、C-という文字で始まる最高責任者レベルの経営幹部をこのように総称だ。

Chief Executive Officer (CEO=最高経営責任者)、Chief Operating Officer(COO=最高執行責任者)、Chief Financial Officer(CFO=最高財務責任者)など、社長(会長)クラスや各執行部門のトップをいう。たとえばCFOなら、日本では昔、「財務担当副社長(専務)」などと呼んでいた役職に相当する。CEOは会長または社長、COOは社長または副社長と兼務している会社が多いようだ。

シリコンバレーでは他の地域よりもCTO(Chief technology Officer=最高技術責任者)が多いのが特徴だ。
エンジニアリング、プログラミングの技術が企業の成長に大きく起因することが理由だ。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!