中村あきらがブログをやり続けるわけ。つながりの力は大きなビジネスにつながる!

中村あきらがブログをやり続けるわけ。つながりの力は大きなビジネスにつながる!

今日は、ブログについて語りたい。
良く言われるのが、「なぜブログをやっているの?」という質問だ。

その答えは、「ビジネスにおいて人とつながりやすくなる」ことに尽きる。
ブログはビジネスにおいてめちゃくちゃ価値があるツールだね。



ブログ・メディアは自分の弱みを補完してくれる

このAKIRA DRIVEではいつも言ってるけど、ぼくは引きこもりなんだよね。
人とそんなに会いたくないんだ。

学生や独立したての頃、バリバリ仕事できる人達は、一日何人も会って飲み会もいつも行ってたんだよね。
これは自分には出来ないなって思ったね。ストレスで死んでしまうって感じた。

あと、ぼくはよく何を考えてるか分からないって思われることが多いのだよ。
コミュニケーションもそんなにうまくないしね。

そんな弱点がずっとあって、でも自分を売り込んだり、仕事をとったり、人を採用したり、ビジネスパートナーを見つけたりすることは必要なわけだよ。

そういった中で必要だったのが、自分の考えを発信するブログメディアだったんだ。

定期的に情報発信してると、人とつながりやすくなる

定期的に情報発信してると、人とつながりやすくなる
情報発信って、誰かに「与える(=give)」行為だったりするんだよね。
与えたら、やっぱりそれだけ得られるものはいっぱいある。

名刺交換の段階で、「あ、知ってます」ってなるだけで全然ビジネスの展開が違うんだよね。
はじめましてでもある程度信頼がある状態から、話をすすめられる。

また1回あった人とつながって、日々ぼくの情報を目にしてくれて、次会ったときはまた違った目で見てくれる。
「いつも読んでるので、何か協力しますよ」的な展開もある。

こういうのが一番の強みだね。

ぼくと直接あった人は分かると思うんだけど、ぼくはあまり話しないんだよね。
でも情報発信してると、ぼくがその場で自己アピールしなくても、ぼくのことを知ってたりするんだよ。

中には、5年ぶりぐらいの人も、事細かにぼくの近況を知ってたりする(笑)
あれはすごいね。ぼくは、その人と5年もあってないからぼくと相手とのギャップがすごいね。

ビジネスはやはりつながりが大きい

ビジネスはやはりつながりが大きい
ビジネスはやっぱりつながりが大きい。
もちろん、その要素だけじゃない。経験も大事で、経験から自分の実力を高めていく必要がある。

ただ、経験だけだと弱くはならないけど強くもならない。
次のステージにいくときは、やはり誰かが引き上げてくれるというのはある。

引き上げてくれるというのは、先輩経営者に限らず、ビジネスパートナーだったり、友人だったりする。それを持ってきてくれるのは、やはりつながりなんだよね。

ブログやメディアを通して、いつか自分を引き上げてくれるつながりにせっせと種をまいてるかんじだ。
そこにつながれるように、自分の信頼を日々あげていくことだよね。

ブログで儲けようとは思ってない、つながりを得ることがより大きなビジネスになる

ブログで儲けたいとはあまり思ってないね。
もちろん儲けれたら最高だけどね。

でもその先のビジネスとしてのつながりの方が何倍も大きなビジネスになるよ。
このブログのおかげで、ぼくは何度もチャンスをもらってる。

ぜひあなたも情報発信してみてほしい。

ブログを書いてて、成功した経営者はいっぱいいるよ。
メルマリの山田さん、nanapiのけんすうさん、The Start Upの梅木さんとか数えきれないぐらい。

とくにぼくのようにリアルの場に弱い経営者は必須だね。
マジでリアルの場が楽になるよ。

もう一記事いかが?中村あきらのブログ・メディア論の記事はこちら

ブランディングは「どんな人間関係に囲まれたいか」で考えろ!
最近はよくブランディングについて質問され
AKIRA DRIVEの検索流入の推移

あげまん女性におすすめ!中村あきらが厳選した婚活サイト

【超厳選】あげまん女性におすすめ!男性と出会うための婚活サイト8選 中村あきらが厳選した男性と出会うための恋活・婚活サイトをまとめた。 ぜひこの理論を活用して、男性と出会ってみてほしい。 きっと普通に出会うよりも、多くの男性に求められるはずだ。

【超厳選】あげまん女性におすすめ!男性と出会うための婚活サイト8選

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

中村 あきら

こんにちは、あきらです! 読んで頂きありがとうござます。このAKIRA DRIVEは、僕の活動をまとめています♪ このブログから色んな情報やインスピレーションを持って帰ってもらえたら嬉しいです。そして、いつか地球のどこかでお会いしましょう! フォローはこちら →  Twitter https://twitter.com/akira207 Facebook https://www.facebook.com/akira19850402