Blockchain(ブロックチェーン)とは

e-resident(イーレジデント)とは

Blockchain(ブロックチェーン)とは、ビットコインの中核となる技術としてナカモトサトシ氏によって考案、実装された技術を独立させたものである。

世界中に点在するコンピュータにデータを分散させているので、破壊やデータ改ざんが困難なネットワーク形成が可能となる。

またビットコインに代表される仮想通貨の基盤技術として利用されている事から、これらの取引履歴を総称してBlockchain(ブロックチェーン)と呼ぶ事もある。

しかし、Blockchain(ブロックチェーン)はビットコインを実現する為に生まれた分散型台帳技術や分散型ネットワークと呼ばれる技術であるため、ビットコインとは色分けをする必要がある。

Blockchain(ブロックチェーン)技術が多く活用されている

Blockchain(ブロックチェーン)技術が多く活用されている
ビットコインが広く世に知れ渡るに従い、この核心的な技術であるブロックチェーンを他の技術にも応用できるのではないかと注目が集まっている。

その結果、テクノロジーのメッカであるシリコンバレーでは、この技術を非金融分野に活用するスタートアップがいくつも誕生している。

またフィンテックを含む多用な情報技術、土地の登記所、何十というスタートアップや欧州議会など、様々な分野でブロックチェーンが活用されている。

Blockchain(ブロックチェーン)の優れた部分

Blockchain(ブロックチェーン)の優れた点は、複数のコンピュータ上にデータが同時に存在する、いわば分散型のデータベースである。

つまり特定の組織や端末で、データが管理されているわけではないのである。
そのため、誰でもコピーを維持することが可能となる。

このシステムとしている大きな利点はデータの破壊、改ざんができにくいということにある。

細かいことをいえば、新しいデータ処理が行われても旧データが保存されたままとなっているので、いつでも過去データを呼び出せるのである。
更にBlockchain(ブロックチェーン)内で行ったデータ処理は、ブロックチェーンネットワーク内であれば誰でもチェック可能となるので、不正を起こしにくい環境となっているのである。

そのためBlockchain(ブロックチェーン)は独立性や透明性も高く、常設のデータベースを使用できることから、相互分散型台帳とも呼ばれている。
なお、この相互分散型台帳は1976年に提唱したディフィー・ヘルマン鍵共有が原点にある。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!