自転車の旅~高尾山で遭難!!~


あきらです。

高尾山のてっぺんに登った後、

なにやら違う道を通ると、「つり橋」なるものが見えるらしい。

 

なので

行きにきた道とは、違う道をとおりました。

 

するとそこは結構な山道でした。

下はほぼ絶壁!

ころげ落ちたら、どこまでもころげ落ちそうな森。

 

こぇ~。

 

途中で、小さい小屋があったのでそこで休みました。

 

そこで自然の静けさの中で

瞑想しながら、旅を振り返っていました。

 

いや~、また色んな人にお世話になりました。

今回は若いパワーをすごくもらった旅だったなぁと感じました。

 

昔の自分と重なって懐かしいものがありました。

 

そこで決めました。

 

「もう帰ろう!」

 

ホントは山梨まで行く予定でしたが

彼女の顔が見たくなりました。

 

良い旅だった。

ありがとう。
———————————————————
さぁ帰るか、と時計を見たたところ

 

「やばい、4時半を過ぎてる・・・!」

 

山は、最低でも3時には降りておくのがベスト。

確かロープウェイも4時半までだった。

 

おいおい。どうする?

 

とりあえず降りよう。

と、一目散に駆け下りる。

 

しかし行けど行けど、

降り口が見えてこない。

 

おかしい。道を間違ったのだろうか。

あたりはどんどん暗くなってくる!

 

さすがにあせる。

 

やっと地図を見つけた。

 

地図を見て、思わず「うわ~!」っと言ってしまった。

なんとそこは、高尾山のとなりの『城山』という山の頂上にいたのだ。

 

やっぱり高尾山の頂上からの道が、間違ってた!

 

どうしよ?どうしよ?

このまま引き返すか?この城山を降りるか?

 

しかし引き返した道のりでは、日没に完全に間に合わない。

 

行くか?戻るか?

行こう!!いや行くしかないんだから!

 

時間は5時。。。

ホントに暗くなってきた。

 

暗いのが恐いのが、なぜかというと

 

こんな道が・・・・・・・真っ暗!

 


こんな崖が・・・・・・・真っ暗!

 

しかも城山は、高尾山と違い観光地ではないので、普通の山。

道が登山道なのです。

さらに、雨で下が滑る! ガーン

 

いや、冷静に考えろ、俺。

 

急ぐと、転んで足をひねってしまうかもしれない。

それが一番最悪。

 

よしよし。

 

ここはゆっくりとかつ、早く歩かなければいけない。

 

大丈夫、大丈夫、大丈夫!

道は見えなくてもゴールまで続いてる!

これは人生だ。急げば転ぶぞ、俺!

森の皆さん

ありがとう、ありがとう、ありがとう、
ありがとう、ありがとう、ありがとう、

ありがとう、ありがとう、ありがとう、

ありがとう、ありがとう!!

 

—————————————————————————–

 

一時間ほど暗い道を、降りていった。

もう不安と緊張と体力の消耗から、汗が尋常じゃないほど出てきていた。

 

くそ、まだか。

あたりにまったく光の気配がない。

 

しかし、川の音がする。

間違いない。道のとおりの近くに川が流れている。

 

ゴールは近い・・・はず!

 

しかし、逆に一歩間違うと川に落ちるという危険性も増えてしまった。

雰囲気から、どうやらこの道は川の上を

交差しながら波のように道が通ってるようなのだ。

 

もうまったく見えなかった。

 

どこかで聴いた言葉を思い出す。

 

夜明け前が一番暗い

そうであってくれ!

 

——————————————————–

 

川を越えると、広い道にでた

なんとなく整備された道だと、歩く感覚で分かった。

 

その瞬間、

 

なんと!

 

光が見えた!!キラキラ

自動販売機の光だった・・・!

光を見るのにこれほど、感動したのは初めてだった。

うれしい。

良かった!これで助かる。

 

安心して

座り込んでしまった。

 

ぼーっと光を見ながら

俺はうなだれるように下を向いた。

 

「あぶなかった~!」 ガーン

 

——————————————————

 

近くに住んでる人に事情を話し

高尾駅まで車で乗せていってもらえることになった。

 

運転手の前島くんは

遭難話を楽しそうに聞いてくれた。

 

生きてて良かった。

ありがとう。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

「あげまん・あげちん理論」
オンラインサロン

facebookグループ限定の投稿や、実際のあげまん女性会員・著名人のゲストなどの実際の経験をシェアしながらここでしか見れない実際のリアルな経験を見ることができます。