【後編】妊娠前デトックスラボ・松田あやこ×中村あきら対談『あげちん男性は、女性に「キャリア」以上の価値を与えてくれる』

【後編】妊娠前デトックスラボ・松田あやこ×中村あきら対談『あげちん男性は、女性に「キャリア」以上の承認欲求を与えてくれる』

妊娠前デトックスラボの代表、松田あやこさんは「健康で丈夫な赤ちゃんを産みたい」という女性の気持ちを叶えるために、現在、銀座店、恵比寿店の2店舗を運営している。自身も不妊治療の末に栄養療法に行き着き、自然妊娠した経験を持つ。今回は、あげまん女性の妊活における大切なことから「バリキャリ女性」の妊活についてまで、妊活についてじっくり話してきた!

【前編】妊娠前デトックスラボ・松田あやこ×中村あきら対談『旦那さんのそのままを愛すれば、不妊はなくなる!』はこちら
【中編】妊娠前デトックスラボ・松田あやこ×中村あきら対談『お互いのシミュレーションを「話し合う」ことこそ、妊活夫婦の理想のあり方』はこちら
【後編】妊娠前デトックスラボ・松田あやこ×中村あきら対談『あげちん男性は、女性に「キャリア」以上の承認欲求を与えてくれる』



「バリキャリ女性」の妊娠出産に対する誤解と実際

妊娠前デトックスラボ・松田あやこ×中村あきら対談

あきら 女性の社会進出が加速している今、「バリキャリ女性」と呼ばれる女性が妻の場合の夫婦についても、ちょっとお話ししたいと思います。
バリキャリ女性の妊活についてですが、ぼくの知り合いだとバリキャリ女性の場合、旦那さんのほうが先に子どもを欲しくなる場合が多いような気がします。

松田 私がサポートさせていただく中でも、ご主人が子どもが欲しいということで妊活をスタートされるバリキャリ女性の方が、けっこういらっしゃいますね。

あきら でも、それが原因で離婚する人もぼくはけっこう見てきたんです。男性が子どもを欲しくなってはいるんだけど、女性には部下もいるし、経営者であれば社員もいるので全然産む気にならない。それでどうも「じゃあ一緒にいられないね」という選択し離婚する夫婦がとても多いというのを感じているのですが、そこについてはどう思われますか?

松田 私がサポートさせていただく中で離婚に至ったケースはまだないのですが、やはり奥さまが優秀で、自分の仕事に意欲を持っていれば持っているほど、妊娠、出産を顕在的に意識していない傾向があります。むしろなんとなく奥さまのほうに抵抗感があって、逆にご主人が赤ちゃんが欲しいというケースは、正直いくらでも思い浮かびますね。

あきら ――抵抗感って、なんなんでしょう。

松田 「妊娠、出産が自分のキャリアアップを止める要素になる」ということではないかと思うのです。
「妊娠、出産をして子どもを持つ」ということは、自分が思い描く社会との関わり方を諦めなければいけないということだと思われがちなんですね。
実際子育てしながらだと、朝はすでにみんなが仕事をしている時間に出社して、ちょっと冷たい目を浴びて、子どもが熱を出したといわれれば、頭を下げて迎えに行って、夕方はみんなが忙しい中、「お先に失礼します」と帰って保育園に駆け込むという生活。
そんな状況だから自分のやりたいことだったり、キャリアだったりを諦めざるを得ない。自分の仕事の仕方が制限されざるを得ないというふうに思い込んでいる方は、すごく多いと思います。

妊娠前デトックスラボ・松田あやこ×中村あきら対談

あきら 実際には、どうなんですか?

松田 私のお客様で、「彼女よりバリキャリの方がいるのだろうか」というぐらいすごいご活躍をされている営業職の方がいます。
妊娠前は、ご主人も子どもが欲しいといっていたのですが、その時はご自身も欲しいけれど、今できたら困るというところでした。そして、今ならいいかもという時に上手くご懐妊されたのですが、その後お仕事に復帰されて、今までだったら足かせになると思っていたのに、子どもがいることによって新たな発想が生まれたりとか、新たなコミュニティでいいご縁をいただいたり、そういう意味で子供を産んで自分のキャリアが広がったという理解をされているんです。

あきら バリキャリの女性が妊娠することで、さらにキャリアが広がっていく可能性もあると。

松田 充分あると思います。

妊娠・出産・育児期の妻に対し夫ができる本当のサポートとは

妊娠前デトックスラボ・松田あやこ×中村あきら対談

あきら それがわかるだけでも、全然違ってくると思うのです。ぼくは、あげちん男性からサポートしてもらえたらいいのではないかなと。

松田 あげちん男性のサポート?

あきら そうです。これまでバリキャリの女性といえば、男性と同じぐらいの収入があったり、それ以上の人としか一緒にいられないみたいな印象があったと思います。でも実際には、大学教授とか教員とか、公認会計士とか、そういう女性を陰でサポートをする旦那さんってけっこう多いんです。だから、そういったサポートももっとしてもらってもいいのではないかなと。そういう人との出会いもいいなと思いますし。もちろん、今の旦那さんでも旦那さんのほうで仕事を休めるならそうしてもらって、というのもありなのかなと。そういう事例はあったりしますか?

※詳しくは【キャリア女性の大きな支え!あげちん男性の特徴】はこちら

妊娠前デトックスラボ・松田あやこ×中村あきら対談

松田 ご主人が休んだケースはまだないかもしれません。ただ、男性にとって何をもってサポートとするかというところもあると思います。男性は「女性に認められたい」という要求が強いので。また、子どもにとってはお母さんが9割で、父親の役割、重要性は1割ぐらいだったりもします。やはり子供と母親との時間というのは、すごく大事なことなんです。
ですから本当は、男性がすべきサポートというのは、自主的に家事をする、子守りをする、働く時間を確保させるというようなことではないんですね。今まで働いて満たされてきた承認欲求や社会からの称賛、給与という価値だったり、それ以上のものを母親ではなく、妻に対して、どれだけ与えられて、母としての喜びを感じさせることができるかというのが、本来の父親のサポートだと思うのです。

あきら 男性がすべき本来のサポートは、家事や子守りを助けることではないということですね。

松田 私だって働きたい、社会で活躍したいと思いながら、子どもからは母さんとして必要とされていて、めちゃめちゃ愛されているのに普段は泣いてばかり。そこに自分が必要とされている、認められている、働く以上の貢献があるということはなかなか思いづらいんですね。10年後20年後、子どもが成長してから感じることだとはあるのですが、「今ここで満たされない」から、それをなかなか感じられないんです。
そこで、今の自分がものすごく価値のある存在で、今も価値のある瞬間なんだと実感できるのは、やはり夫であり父親の言葉のサポートが欠かせないと思うんです。

あきら 何よりも言葉のサポートが大事というところですね。

松田 そうですね。例えば、たぶん女性の場合、1千万円稼ぎたくて仕事をしている方ってあまりいないように思います。自分の存在に価値を見出された結果、自分の働きによって喜んでくれた人がいてくれたから1千万円という価値が手元に入って、それが自分の中で生きていくというような。ですから女性の場合、お金よりやりがいのほうが先に立つんですね。そのやりがいをいかに、子育てというところに見出せてあげるかということなんです。それができるのがまわりの環境。特にご主人なんです。

あきら なるほど、それが男性ができる本当のサポートなのだということですね。

どんな環境でも自分自身で新たな価値を作り出すことができるのが「あげまん女性」

妊娠前デトックスラボ・松田あやこ×中村あきら対談

松田 そう思います。そのキャリアは、これまで自分が思い描いていたものや信頼関係の中で作ってきたものとは違う方向性に行くかも知れませんが、本当に大事なのは、その女性が幸せに心豊かにいられることですよね。心豊かに自分を愛して、子どもを愛して、家族を愛していたら、イコールそれが「あげまん」ということでしょう?そこにご主人が、それ以上の価値を家に作り出すことはできると思うんです。

あきら でもそこで出産・子育てのために一時的にせよ家に入ったとして、「このあと、自分が求められなくなるのではないか?自分の居場所がなくなるのではないか?」という不安もあるのではと思うのです。
ぼくの知っている経営者の奥さんの中には、20代からバリキャリとしてやってきて、家庭に入ってからもまた違った仕事、例えば子育てしながら起業している人もいます。
求められるだけではなくて、自分自身で価値を作り続けていけるんですね。子育てをしながらでも、社会に新たな価値を作りだすことができる。それこそがまさに「あげまん女性」なんだろうなと思います。

松田 絶対そうだと思いますね。基本的にあげまん体質の方は、子育てが自分のキャリアの足かせになると思っていないです。「全部自分が選んだ人生であり、全部自分の願ったことが手に入っている」という考え方になるので、「この子がいなかったら、もうちょっと長く働けるのに」なんて思うことはまずないでしょう。
そんなことを考えている間は、たぶん本当の意味で自分自身も愛せていなければ、ご主人からの愛も受け取れていないし、ご主人も愛せていない状態なのだろうなと思います。

妊娠前デトックスラボ・松田あやこ×中村あきら対談

あきら おっしゃるとおりだと思います。そんな状態で新しく授かった命をどれだけ愛せるのだろうか、という意味でもメンタルの重要性がよくわかりました。

松田 ご自身のことも、ご主人のことも心のままに愛せたら、子育てもキャリアもうまくいくと思います。

あきら そのとおりだと思います。今日はいいお話をありがとうございます。

松田 ありがとうございます。

【後編】妊娠前デトックスラボ・松田あやこ×中村あきら対談『あげちん男性は、女性に「キャリア」以上の承認欲求を与えてくれる』

中村あきら×松田あやこ対談終わり

【前編】妊娠前デトックスラボ・松田あやこ×中村あきら対談『旦那さんのそのままを愛すれば、不妊はなくなる!』はこちら
【中編】妊娠前デトックスラボ・松田あやこ×中村あきら対談『お互いのシミュレーションを「話し合う」ことこそ、妊活夫婦の理想のあり方』はこちら

自分と旦那さんのそのままを愛し、妊娠をきっかけに子育てとキャリアに新たな価値を見出そう!

松田あやこさんとの対談はいかがだっただろうか。
さすが、たくさんの妊活をサポートしてきただけあって、素晴らしい妊活とはどういうものだったかを教えてもらった。

今回、妊娠・子育てについてお聞きして、ぼく自身、新たなあげまん・あげちん理論を発見した。

それは、あげまん女性は例え子どもを産んだとしても、キャリアが止まる、出産と子育てを足かせのようには思わないということだ。
それはあげまん女性が自分自身とパートナーを愛し信頼していて、子育てをしているという環境においても、自分自身で価値を作り出せる存在だと思っているからだ。

また、あげちん男性は、女性にキャリア以上のやりがいや価値を「子育て」に見出し気づかせててくれる。
そんなあげちん男性と一緒に、子育てをしよう。

子育てを決してキャリアの足かせに思わないでほしい。あなたの価値は決して変わらないからだ。
出産や子育てで今の仕事がストップしたとしても、あなたは新たな価値を社会に作り続ければいいのだ。

そもそも子どもを世界に生み出すというのは、それ自体が何ものにも変えられない価値を産んでいるのだ。
そんな自分とそのチャンスをくれた旦那さんを愛そう。

それこそ、あげまん女性だ。

もう一記事いかが?あげちん男性の対談記事はこちら

【後編】女のプロ川崎貴子×中村あきら対談「ヒモ男とあげちん男性との違いは、〇〇があるかどうか!」

【9/30東京】『シリコンバレー妻の愛し方愛され方』あげまん理論セミナーのご案内

【9/30東京】『シリコンバレー妻の愛し方愛され方』あげまん理論セミナーのご案内

時間と価格:9月30日14時〜17時30分 参加費5,000円
オンラインサロンの会員様は無料です。

 

『シリコンバレー妻の愛し方愛され方』あげまん理論セミナー

 

9月30日にぼく主催で『シリコンバレー妻の愛し方愛され方』あげまん理論セミナーをやります。

今回は120名の会場です。

 

会場はコンセプトウェディングで有名なCRAZY WEDDINGをお借りします。
さらにゲストに全国50箇所以上の楽読スクールを運営する平井ナナエさん。
グループワークでこころじセッションのあき子さんを迎えます。

 

ぼくの中で最強の布陣を揃えました^^

大感動・大満足間違いなしです。

 

今回のこの布陣はかなり特別です。

今までちょっと気になってたという方はぜひこの機会にどうぞ!

→詳細はこちら


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

「あげまん・あげちん理論」
オンラインサロン

facebookグループ限定の投稿や、実際のあげまん女性会員・著名人のゲストなどの実際の経験をシェアしながらここでしか見れない実際のリアルな経験を見ることができます。