「安定志向」の夫の収入をあげる最も簡単な方法とは?


今日は、「安定志向」の夫の収入をあげる方法を伝えていく。
カウンセリングをした女性のお客さんからこんな悩み相談があった。

主人はサラリーマンで、安定を求めるタイプです。 才能がある人だと思うので、もう少し冒険?して、 稼げるようになると思っているのですが、、、 「俺はいいよー」というタイプなので。(笑) そんな彼のお尻を叩く?もしくは、  収入を上げる方法があるのであれば教えていただきたいです。



まずは「旦那さんの素質」と「お金の現実」を一緒に学ぶことからスタートしよう

まずは、安定志向のサラリーマンの旦那さんということで、男性にはその人らしい収入の上げ方というものがある。それをしっかりと学ぼう。

「安定志向」でサラリーマンということは、そこからいきなり起業や大きなリスクをとってがんばれ!というのは無理な話だ。
「安定志向」なら「安定志向」なりの収入の上げ方を「一緒に」学んでいく必要がある。

実は、この一緒に学ぶということが男性にとっては大きな意味がある。
例えばあなたが「旦那さんに合いそうな収入の上げ方」を見つけてきたとして、これをやったらいいよ!みたいな進め方をしても男性は受け入れにくく、ムカつくだけだ。
「あの人はこういう風にやってたよ!」「あの人は〇〇で稼いでたよ!」みたいなことを言っても、「だからなんなわけ?ぼくはその人より劣ってるねって言いたいわけ?」と言われて終わりだ。

こんな場合、男性はその人がすごいというよりも、自分が劣っているということを突きつけられ攻撃されたと感じることの方が多い。だって、それはその人の成功であって、旦那さんの成功ではないのだから。

男性の「夢とロマン」を大事にしつつ、必要な収入を共に学んでいくことがおすすめ

男性の「夢とロマン」を大事にしつつ、必要な収入を共に学んでいくことがおすすめ

安定志向ということは、しっかりと着実に収入を増やしていけるという才能があるということだ。
冒険はしないにしても、しっかりと計画を夫婦で共有すれば、収入は確実に上がっていくよ。

しかし、どんなに「安定志向」な男性でも、稼ぐための手段を「強要」したり、男性の「夢やロマン」を否定したら男性は途端にやる気を失くしてしまう。
安定志向の男性でもしっかりと収入を上げていけるおすすめのステップを紹介しよう。

①ファイナンシャルプランナーなどの専門家と将来かかるお金や現実を「一緒」に学ぼう

ファイナンシャルプランナーなどのライフプランの専門家から、将来かかるお金や現実を「一緒に」に学ぶことからスタートしよう。
ファイナンシャルプランナーから学んでいくと、例えば「子供一人当たり教育費として1000万円必要」だったり、二人の老後80歳まで「貯蓄として約3000万円必要」と言った計画が見えてくる。

そういう風にお互いの必要なお金を可視化していくことが「安定志向」の旦那さんには必要なことだ。
かといって、こんなにかかるんだから「だから稼げ!」と煽り立てても男性は「嫌な気分」になるだけで、動くことはない。

子どもに将来必要だから「勉強しなさい!」と言っても、子供は勉強しないのと同じだ。
将来これぐらい必要だから、旦那に「稼ぎなさい!」と言っても稼がないのだ。

②明確に月にいくら増えれば、夫婦二人の叶えたいやりたいことが叶うのかを知ること

明確に月にいくら増えれば、夫婦二人の叶えたいやりたいことが叶うのかを知ること

次にやるべきことは、実際にひと月にいくら収入が上がれば二人の夫婦としてやりたいことは叶うのかを知る必要がある。

実はこれができてない女性は多いのだ。この明確さこそ、重要なポイントだ。
これを読んで察しがいい人は気づくかもしれないが、これを算出するには、夫婦が二人でやりたいことや目指したいものを明確にする必要がある。つまりあげまん理論™️における「話し合い」がここでも重要になってくるのだ。

二人で未来を話し合っていくと、「こういう家に住みたい」「海外旅行に年1回行きたい」と言ったことが出てくるだろう。この中で、旦那さんは何を実現することに一番ワクワクするのかを知らなければならない。

それを夫婦でしっかりと見つめ合うことで、何を叶えたいのかが明確になってくる。
そしたら、あとはその叶えたいものを実現するために必要な収入はいくらなのかを算出するのだ。

実際に、算出してみると漠然と1.5倍くらい収入が増えたらいいなと思ってたのが、「なんだ、月5万円増えればいいんだ」「家を建てるなら10万円必要か」みたいなことを夫婦で見つけることができる。

そして、夫婦で「月5万円収入をあげる」ことを目標にしよう!といったお互いが納得した上での合意が必要だ。

③月いくら稼げばいいかが明確になったら、その手段は旦那さんに任せる・見守る

「月5万円収入をあげたら海外旅行に年1回はいける」といったお互いのワクワクを元に目標収入を算出したらあとは、その手段は旦那さんに任せることだ。

例えば「月5万円」の収入アップであれば、今と同じ環境の職場での転職を見つけてくるかもしれない。一つ役職をあげるという方法が行けそうだとか、資格をとって資格手当でいくら上がりそうだとか、投資学校にいって学んでくるといった手段を選ぶかもしれない。

旦那さんは、「自分なりのやり方」や「自分なりの勝ち方」で見つけてくるはずだ。
そこで試行錯誤をして、失敗したとしても、次のやり方を試していく。それを繰り返せば、自ずと目標が達成されるだろう。

あなたがやったらいいことは、旦那さんが「これをやろうと思うんだけどどう思う?」と聞いてきたら、あげまん理論の「賛同」をしてあげること。「(あなたの価値観やこれがいいと思うことは関係なく)それいいじゃん」って言ってあげることだ。

「安定志向」の旦那さんの収入アップでもやることは同じ。「男性心理」を理解して「話し合い」と「賛同」をしてあげること

「安定志向」の旦那さんの収入アップでもやることは同じ。「男性心理」を理解して「話し合い」と「賛同」をしてあげること

「安定志向」の旦那さんだったとしても、収入アップのためにやることは同じだ。
男性心理を理解して、旦那さんをその人として接して、夫婦の未来や旦那さんのワクワクを「話し合い」、そして男性の力や挑戦を「信頼」すること。「心配」ではなくね。

どんな難題でも、夫婦で話し合えば、乗り越えていける。
あなたの力で旦那さんの収入をアップさせて、夫婦でいろんなものを叶えていこう!

もう一記事いかが?あげまん理論の「賛同」についての記事はこちら

【読者からの質問】「賛同」した後に男性から意見を求められたら?

男性は「仕事の相談」で、意見ではなく「賛同」を求めている。

探すより育てる方が早い!あなたの「理想の男性」の育て方「あげまん理論」まとめ


Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!