【オランダ】アムステルダム図書館へ


ルクセンブルグへ行く途中、
オランダのアムステルダムへトランジットしました。

アムステルダム・スキポール空港にてアムステルダム・スキポール空港

せっかくなのでアムステルダムを散策してきました。
都市部だったからか、オランダのイメージよりもかなり都会でした。

アムステルダムの都市部・ダム広場アムステルダム・ダム広場

ちょっと脇に入ると、日本人が抱くオランダのイメージの場所もありました。

オランダの水路アムステルダム郊外の川

またやっぱりワールドカップ期間中もあって
街は結構サッカーでにぎわってました。

オランダの水路街中にサッカーボールが。

サッカーカフェもそこら中にサッカーカフェもそこら中に。

ぼくは長崎出身なので、オランダと言えば、「オランダ村」や「ハウステンボス」のイメージが強いですが、本物は結構都会でしたね。
田舎のほうにいけばもっと水車とかチューリップとかあったのかも?

アムステルダム図書館へ

ぼくは海外に行くと必ず立ち寄る場所があります。
それは図書館です。

なのでアムステルダム図書館へ行ってきました。

設計したのはオランダの著名な建築家Jo Coenen(ヨー・クーネン)。
総面積が28,000平方メートルと公共図書館としてはヨーロッパ最大規模で、単に本を貸し出すだけではなくカルチャーセンターとしてもさまざまな機能をもっています。

アムステルダム図書館アムステルダム公共図書館

よく経営者さんとか旅先で神社にいくとかを日課にしている人もいます。
きっとその土地のエネルギーというかそういったものを感じる場や、土地の神さまにご挨拶みたいな理由で行くのだと思うのです。

ぼくにとっての海外でのそういった場所は、図書館だなと思い始めています。

言葉や文字は分かりませんが、図書館というのはその国の知識や歴史や価値観の象徴だなと感じる瞬間があります。

もっと世界中の本のエネルギーに触れていきたいですね。

 

アムステルダム図書館中心部

やっぱりヨーロッパの図書館だけあって、とてもおしゃれ。
そして作りもヨーロッパの図書館って感じがしますね。

アムステルダム図書館の中 アムステルダム図書館で作業中のひとたち

それしても、テーブル、イス、ライト、一つ一つがとてもきれいですね。
インテリアは、オランダの若手デザイナーが設計したそうです。

アムステルダム図書館の中心地 アムステルダム図書館にて

アムステルダム図書館には、とても良いエネルギーをもらいました。
以前行った、スウェーデンのストックホルム市立図書館ともまた違った印象でしたね。

たった一日の滞在でしたが、アムステルダムとても楽しかったです。
今度はゆっくり来て、オランダ名物のボートハウスに泊まりたいですね。

オランダ・アムステルダムの空

 

アムステルダム図書館 Oosterdokskade 143 1011 Amsterdam オランダ

 


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

中村 あきら

こんにちは、あきらです! 読んで頂きありがとうござます。このAKIRA DRIVEは、僕の活動をまとめています♪ このブログから色んな情報やインスピレーションを持って帰ってもらえたら嬉しいです。そして、いつか地球のどこかでお会いしましょう! フォローはこちら →  Twitter https://twitter.com/akira207 Facebook https://www.facebook.com/akira19850402