【シアトル】Amazon.com(アマゾン)の本社を見学してきた!


シアトルに本社をかまえるAmazon.com(アマゾン)を見学してきた。
見学と言っても、アマゾンの社員さんのツテもなく、アポなしだった。

しかし、意外にアポなしでも雰囲気は堪能できた。

今日はその雰囲気を紹介していきたい。

いざAmazon.com(アマゾン)本社へ

シアトルのモーテルに泊まり、電車でアマゾン本社に向かう。
アマゾンの本社は、街の北側、豪華なヨットの並ぶユニオン湖岸に近い、サウスレイクユニオン地区にある。

シアトルの電車の中

シアトルの駅の様子
シアトルにあるセーフコ・フィールド

シアトルには、イチローが所属していたマリナーズの本拠地セーフコ・フィールド球場がある。
Amazon(アマゾン)に向かう電車にゆられながら、セーフコ・フィールド球場を見ることができる。

シアトルの北に位置するAmazon(アマゾン)本社キャンパス

アマゾンビル群

このこの数街区に分散された20ほどのビルが現在のAmazon(アマゾン)の中枢だ。

Amazon(アマゾン)本社ビル群のひとつ

Amazon(アマゾン)の看板と言ったものはほとんどない。オフィスに行くと、その企業の文化がダイレクトに見える。
目立つことよりもセキュリティや倹約を大事にする社風が伝わってくる。

アマゾンビル群

Amazon(アマゾン)本社キャンパスの中心部分に相当するのがここ。とりあえず中心に来たということで写真。
さてアポなしで来たものの、入れるだろうか。

DAY 1 NORTHビル

一番有名な本社ビル「DAY 1 NORTHビル」だ。DAY 1とは、もちろんベゾスCEOの株主に対する言葉、「まだ1日目(DAY1)」にちなんでいる。

「DAY 1 NORTHビル」のエントランス

「DAY 1 NORTHビル」の受付エントランスだ。
とりあえず、片言の英語で「ぼくらは日本人だ、中に入りたい!見学させてくれ!」と伝えると。

怪訝な顔をされ、なおかつ言葉が通じていなくて
「働きに来たのか?ここで働きたいの?」
と聞かれてしまった。

違うけど、いやちょっと働いてみたいけど。。。

詳しく話していくと、見学は難しいとのことだった。

Amazon(アマゾン) Amazon(アマゾン) Amazon(アマゾン)の受付のエントランスの女性たち

中は見学ができなかったが、20個以上もあるビル群のエントランスを周るだけで、
Amazon(アマゾン)の雰囲気は大分味わえた。

所々にコーヒーショップがあり、コーヒー漂う凛としたオフィス群というのがAmazon(アマゾン)本社の印象だ。

Amazon(アマゾン)本社にはアポを忘れずに!

社内を見学したい場合は、Amazon(アマゾン)の社員と知り合いになって、エスコートしてもらおう。
日本人も働いているはずだ。

ただアポなしで身にいった感じでいうと、エントランスは見れるし、アマゾンの雰囲気も十分に感じられる。
もし社員と知り合いになれなかったとしても、来るだけで十分そのエネルギーを受け取ることができるだろう。

ぜひ来てみてはいかがだろう!

Amazon(アマゾン)のロゴの前で

 

 

名前:Amazon.com(アマゾン)本社
場所・住所: 440 Terry Ave N Seattle, WA 98109

 

世界企業訪問記

今まで行ってきた世界中のオフィス写真がまとめてあります。

中村あきらの世界企業訪問記はこちら

 


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

中村 あきら

こんにちは、あきらです! 読んで頂きありがとうござます。このAKIRA DRIVEは、僕の活動をまとめています♪ このブログから色んな情報やインスピレーションを持って帰ってもらえたら嬉しいです。そして、いつか地球のどこかでお会いしましょう! フォローはこちら →  Twitter https://twitter.com/akira207 Facebook https://www.facebook.com/akira19850402