【中編】夫婦修復カウンセラー・鈴木あけみ×中村あきら対談『普通の会社員男性の年収を1.5倍にする秘訣!?「あなたって、〇〇に似てるよね」』

【中編】夫婦修復カウンセラー・鈴木あけみ×中村あきら対談『普通の会社員男性の年収を1.5倍にする秘訣!?「あなたって、〇〇に似てるよね」』

のべ50,000人年間3,000人以上の夫婦の相談にのる夫婦修復カウンセラーの鈴木あけみさんです。鈴木さんは特に30代の夫婦問題の解決に定評があり、これまでの相談を98%の確率で解決してきたという大人気カウンセラーだ。著書も「夫を、金持ちにする妻 貧乏にする妻」「夫の年収を2倍にする奇跡のほめ言葉」「良妻力」などを出版しておりベストセラーになっている。今日はそんな鈴木さんに、夫婦問題を解決してあげまん女性になる秘訣を教えてもらった。

【前編】30代後半の離婚がすごく多い!原因は「プチモンスター妻」?はこちら
【中編】普通の会社員男性の年収を1.5倍にする秘訣!?「あなたって、〇〇に似てるよね」はこちら
【後編】共働き夫婦のケンカの原因はこれだけ!だから外注せよ!はこちら



普通のサラリーマンの男性との夫婦関係を修復する方法

中村 はい、じゃあ中編という所なんですけど、普通男子というか会社員の方、年収300万から400万くらいが家に帰りたくない、もう離婚を考えているみたいな所から年収が500万から600万くらいにアップさせるあげまん妻のあり方っていうのを聞いていきたいなって思っています。
ちょっと離婚したいんだってなったら、まずどういう風にしてあげたらいいんですかね

鈴木 女性の方にですか?

中村 そうです。

女性 大体、そういう風に言い出してる方ってもう自信がなくなっちゃって、しょぼくれてる方が多いんですよね、だからやっぱりご主人にやる気を出してもらうっていう事が大事なんですけどやっぱり総合的に健康管理だとか服装管理だとか色々な意味で総合プロデューサーみたいな、いわゆる昔でいうあげまんみたいな、ことを目指してもらうとご主人達が輝いていくと思います。

中村 どういう風にするとそういう風に自信をもてていけるんですか?

鈴木 それは、褒めてあげるっていう事だと思いますよ。褒めたりおだてたり、話を聞いてあげたり、励ましてあげたり、絶対否定しないような話し方が大切だと思います。

中村 やっぱり昔から褒めればいいんだよ、みたいな事いうじゃないですか。やっぱり本当にそうなんですか?

鈴木 そうですそうです。案外男の人って一番外見を褒められると嬉しいらしいんですよね(笑)

中村 外見ですか。

鈴木 外見。だから外見も褒めてあげればいいですし、やってる事もどこでも褒めるところはあると思うんですね。

中村 なるほど、褒めてあげるとどういう循環が生まれるんですか?

鈴木 それはやっぱり自信がつくし、嬉しくなるからもっとこの奥さんを、家族を悦ばせようってそういう気持ちになるようですけど。

中村 じゃあ、キャバ嬢とか女将とかみたいなイメージングを持って褒めてあげると。

鈴木 そうですね。
もっとベタっていうか、普通のサラリーマンだったら、大してお金もないとしたらね、結婚してくれただけで嬉しいありがとう、って、私と結婚してくれてありがとうっていうそれだけでご主人もニッコニコになっちゃいますよ。

中村 「結婚してくれてありがとう」。たしかに。

鈴木 あとは、ご主人が誰か好きな有名人がいるとしたら・・・あきらさんはどなたかいらっしゃいます?

中村 男性でって事ですか?結構います。

鈴木 誰ですか?例えば

中村 ミスチルの桜井さんとか。

鈴木 じゃあ「似てますね」って言われたらどうですか?嬉しくないですか?凄く嬉しそうじゃない。(笑)

中村 (笑)

鈴木 だからそうやってご主人の嗜好を、よく好きなスポーツ選手だったり有名人なんかをわかってたら「似てるわね」って。私なんかもう言い続けてますけどね、夫に。
その、旦那さんの好きなスポーツ選手だったり有名人を褒める、似てるねって。例えば顔も外見も似てるんだけど、考え方が似てるとか生き方が似てるとか後ろのこの辺が似てるとか、それだけでもいいと思うんですけど、言われると凄く嬉しいと思います。

中村 なるほど。まず旦那さんが好きな有名人とかかっこいいなと思う人を把握する必要がありますね

鈴木 そうですね。それくらいはでも夫婦だったら分かるでしょ(笑)

中村 (笑)

鈴木 誰が好きとか誰に憧れてるとか

中村 じゃあもうそこに似てるねって、似出して来たねとか、しっかりしてきたね

鈴木 似てるって言われた事ない?とか

中村 こう夫婦で買い物行った時とかも、これだとそう見えるよみたいな感じで言ってくれるみたいな所なんですかね。

鈴木 そうですね。

中村 そうしたらもう徐々に自信が持てて行く、と。

鈴木 それに男性としたら、「俺のこと分かってるじゃん」ってことになりません?

中村 わかりますわかります。

鈴木 やっぱり自分の事を一番理解してくれる、分かってくれる、応援してくれるっていう奥様を凄く大事にする思う気持ちがあって、もっと評価を上げたいと思うから男性は頑張るし、ね

中村 確かに。「あぁ一番の理解者は、この人なんだな」って思わせるって凄く大事ですよね

鈴木 大事ですね。

男性の年収を1.5倍〜2倍に変えたいのであれば、お金の使い方に口出ししないこと!

中村 それを持ったら、どんどん稼いで行くっていう事ですね。例えばそこで修復まで行きました、次は稼いでもらいたい、年収を1.5倍とか400万を5〜600万に変えたいってなったら次はどうすれば?

鈴木 そうしたら、もうご主人のお金の使い方とかお付き合いの仕方に口出ししない事ですね。だから例えばもっと早く帰って来て欲しいとか、土日は家にいて欲しいとか、もっとこうして欲しいとかっていうんじゃなくてあなたが目指しているものをちゃんと目標を持ってやって欲しいって応援してあげる事だと思います。

中村 それは素晴らしいですね。

鈴木 たとえばサラリーマンだったら、スキルがあったらもっと昇格できるっていう事だったら勉強して資格を取るよう勧めてあげるとかもしくはその会社自体がもう伸び悩んでいるようであればサイドビジネスをやったらとそこを応援してあげるとか、副業ですかね。そういうのもありだと思います。

中村 それを言うってことは、それが出来ていない女性が凄く多いっていう事ですか?

鈴木 そうそう。今変に男女同権とか言って子供を産んだら、子供の世話もさせ、ゴミも出させて、家事もさせなんてそんなことしてたら、段々男の人の視野が狭くなってビッグになろうっていう思考に、私はならなくなると思います。

中村 わかります。あげまん理論でも男性はモノタスクだから、1つのことしかできないんですよ。だから、家事をやらせると家事で極めたくなっちゃって(笑)だから、仕事が結構おろそかになっちゃう、そこに集中ができなくなったりするので、だからやっぱり稼がせたいとなったら仕事に集中させるっていう環境を作るって凄く大事ですよね。

鈴木 そうですそうです。だから、男の人の飲みなんで仕事の1つじゃないですか。それなのに奥さん口出しするでしょう?また行くの?とか、あんまりこうね嬉しくないような事言うじゃないですか。

中村 まぁ、となりの奥さんは凄く子育てしてくれていいなぁとか、言ってくるとかってありますよね。嫌味的な意味合いで言ってくるってありますよね(笑)

鈴木 そうそうそう。そういう人はほんとにさげまんだと思います。

中村 他と比べたりするのは本当によくないさげまん思考ですね。男性のやりたい事に集中させるって事ですかね。

鈴木 だって男の人って、仕事で成功してなんぼじゃないですか?男の人の価値って。

中村 男性としても価値っていうところもあるし、自信っていうところがやっぱりその仕事で結果出してるとかっていうところに直結しますね。
そうしたらやっぱり家事もやってくれる男性はいいんですけど、それはやっぱり仕事で結果出せてるありきの家事手伝いで自信、みたいな。

鈴木 おっしゃる通り。

中村 だから、仕事で結果出せてない人が家事をやっちゃうとずっと自信をどこでとればいいんだっていう感じになっちゃいますよね(笑)

鈴木 そうなんです。

中村 稼いでる人が家事をやって、ってなると、皆さん「凄い」ってなるけど、稼いでないって自分で思ってるところで家事とかやっちゃうと誰にも自慢できないし。

鈴木 そもそも私は男性に家事とか育児をやらせるのは反対派なんです。

中村 それはまた、どうして?

鈴木 だって、どうしてやらなきゃいけないの?(笑)

中村 (笑)

鈴木 男の人は、私は家庭に目を向けるべきではないと思うんです。目を向ける事は大事なんだけど、そこで奥さんと同じ事をする必要はないんじゃないかなと思います。そんな事をやる暇があったら、もっと世の中の事とか政治の事とか、全世界の事とかそういう女性が気がつかないような所に色んな問題があるわけじゃない?そこを解決するべきだと思うし、一番私がこだわっているのは、例えば女性が一生夫と子供を養っていこう、なんて思っている人は誰もいないんですよ。

中村 女性が?

鈴木 女性が。でも、今主婦って一部でやってる人もおられるけど、そうじゃない人が圧倒的に多くて、でもそれに引き換え男の人は結婚したら一生子供と妻を守っていこうっていう気構えがあるじゃない。

中村 ありますね。

鈴木 でしょ?女の人はないですよ。それなのに、なんで男の人は迎合してそこを手厚くしてあげなきゃいけないのって思ってます。役割が違うでしょって。

中村 確かに。男性は思って結婚します。養うって決めて結婚します。

鈴木 そうでしょう?女の人は自己実現のためだけですよ、働いてるの。自分が社会と繋がっていたいとか、子育てだけじゃつまんないとか、輝けないとか、お金が欲しいとか、旅行に行きたいとか(笑)
そういう目的ですよ、絶対奥さんは家庭を守るためになんて思ってる人はいませんよ。

中村 う〜ん、なるほど。

鈴木 その違いがあるから、私は要求するべきではないと思っているし、イクメンなんていうのも世の中の政府の少子化キャンペーンに乗せられてるだけじゃん!って思っていました。

中村 確かに。そうですね

夫婦で男性と女性の役割をちゃんとはっきりさせよ!

鈴木 どうですか、男性から見て。

中村 そうですね、ただ男性も子育てに関わりたいなんていう感じを持ってる人、若い世代では多くなって来たなというのはありますね。

鈴木 それはね、私からしてみたら中性化。

中村 中性化?

鈴木 だって、女性の母性と男性の父性って全く違うものだって思っていますよ。男性の父性っていうのは、豊臣秀吉じゃないけど昔のお殿様見てても分かるように自分の子供の成長を何年かに一回見て喜べるのが男の人だと思うんですよね。でも、女の人は自分が産んで、産み育て守るわけだから日々の顔色見て健康だったり色々管理してるからべったりしてないとダメだと思うんですけど、男の人はそれやってたらこうなっちゃうんじゃない?って視野が狭くなっちゃうんじゃないって私は思ってます。

中村 例えば、今これを聞いている女性が「そういうのは上の世代の考えじゃない?」って思ったりすると思うんですけど、実際にその30代の人たちはそれで伸びてってるっていう事ですよね?

鈴木 伸びてるとは?

中村 修復されて年収が伸びてったりとか。

鈴木 年収ももちろん女性もあったりするんですけど、どんなに時代とか変わっても今まずその男性もイクメンとか育児とか家事をやっても世の中認められるって社会が熟してないっていうのが1つの問題だと思っています。
ただ、私が社長だったら家事や育児をやるような男の人だったらちょっとノーサンキューだわってちょっと思っちゃう。そっちを優先させるような人だったらね、っていう事だし、あとはやっぱり男の人は凄く頑張らないと、外で。

中村 なるほど。そのサポート、褒めてあげるとか、集中させてあげるのが良いって事ですね。

鈴木 女性は女性らしさ、男性は男性らしさがないとバランスが悪いんですよ。夫婦として。だって奥様に男らしさなんて求めます?

中村 あんまり求めないですね

鈴木 求めないでしょう?女性だってなんだかんだ言って家事とか育児とかやらせるけど、弱い男の人は大嫌いですよ

中村 確かに(笑)

鈴木 でしょう?(笑)だから、そのバランスが崩れると家庭とか夫婦ってうまくいかなくなるんだなぁって。だからやっぱり女性、無理なのかもしれないけど女性もそこそこ稼いでも女性らしさを忘れてはいけないと思います。

中村 なるほど、確かに。

鈴木 稼ぐって事は、日本の社会でいうと男性化しちゃうわけですよね。そういう人はよく有名人が記者会見で離婚の時いうじゃない「家庭に2人男はいらない」って。もう、まさにその通りだと思いますけど。

中村 よく言いますね。

鈴木 そうしたら上手くいかないのよ、女性だってお母さんだって二人いたら子供だってどっちのいう事聞いていいか分からないじゃない。

中村 男性は男性、女性は女性っていう役割を家庭に作っていくってことですね。

鈴木 はい。

【中編】夫婦修復カウンセラー・鈴木あけみ×中村あきら対談『普通の会社員男性の年収を1.5倍にする秘訣!?「あなたって、〇〇に似てるよね」』

【前編】30代後半の離婚がすごく多い!原因は「プチモンスター妻」?はこちら
【中編】普通の会社員男性の年収を1.5倍にする秘訣!?「あなたって、〇〇に似てるよね」はこちら
【後編】共働き夫婦のケンカの原因はこれだけ!だから外注せよ!はこちら

次回は、【後編】共働き夫婦のケンカの原因はこれだけ!だから外注せよ!をお届けします。

鈴木あけみさんとの対談音声は「あげまん理論ダイヤモンド倶楽部」で聞くことができる!

あげまん理論ダイヤモンド倶楽部

今回の鈴木あけみさんとの対談はダイヤモンド倶楽部会員限定サイトにて見ることが可能だ。
また会場から鈴木あけみさんへの質問もクラブでは聞くことができる。

会員限定サイトシリコンバレー妻の愛し方愛され方

クラブ会員限定サイト

「あげまん・あげちん理論」ダイヤモンド倶楽部では、様々なあげまん理論トークライブの様子、著名人との対談、講演会など見ることができる。クラブ会員になって、参加したかったけどできなかった講演の様子をチェックしたり、振り返って聞き直したい講演をどんどんチェックしよう。

夫婦修復カウンセラー・鈴木あけみさんプロフィール

オフィスベル「夫婦修復相談室」代表。市民グループ「夫婦問題相談の会 キュア」代表。離婚カウンセラーの資格を取得後、これまでにのべ50000人から、夫婦問題の相談を受けて来た実績を持ち、テレビやラジオ、週刊誌、講演会などで大活躍中の、予約がなかなか取れない人気カウンセラーである。特に若年層のカウンセリングには定評があり年間でのべ3000人以上の夫婦修復相談を受けている。ブログ「夫婦の修復98%可能な離婚相談室」でも人気を博す。

もう一記事いかが?パートナーの年収をあげる方法はこちら

【後編】億万長者の妻・マダム桃美×中村あきら対談『旦那さんに1日1回ホステス!?そのリターンは計り知れない!』

男性を「稼ぐイクメン」にするには?「男性の成長曲線」の把握と「アポあり夫婦会議」だけでOK!

男性は「仕事の相談」で、意見ではなく「賛同」を求めている。

【中編】ご自愛マインドアドバイザー・小原綾子×中村あきら対談『男性を成長させるには、自分の「的(まと)」を小さくしていく!?』


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

「あげまん・あげちん理論」
オンラインサロン

facebookグループ限定の投稿や、実際のあげまん女性会員・著名人のゲストなどの実際の経験をシェアしながらここでしか見れない実際のリアルな経験を見ることができます。