あげまんに選んでもらいたかったら「オンリーワン」に、不特定多数にモテたかったら「ナンバーワン」に。両方目指すなら・・

agemasagasi

もしあなたがあげまんに選んでもらいたかったら「オンリーワン」になる必要がある。
もしあなたが不特定多数にモテたかったら「ナンバーワン」を目指す必要がある。

もし両方をめざしたかったら、オンリーワンな男になり、あげまんと出会い、成功して仕事でナンバーワンになることだ。

人にどう思われるか関係なくなってから、成功の道は始まるんだ。

オンリーワンな男になれ!

「あげまん」な女性はオンリーワンな男が大好きだ。
普通とは違った、変人に魅力を感じる。

それはなぜかったというと、そこにあげまんは成功のにおいを感じるからだ。
オンリーワンな男性というのは、ぶれない軸がある。
人と違うと思われることに抵抗がない。

まず成功したかったらあげまん関係なく、オンリーワンな男を目指すことだ。

ぼくの経験上、20代前半の時期に自分というものは何か?というのをとことん突き詰めたやつらは
25歳以降非凡な仕事をするし、30歳以降頭角を現して多くの人から求められる。

その人たちが大きな仕事ができるようになったのは、才能ではない。
ある時期に仕事とか周りの人とか関係なく、自分というものは何か?ということに対してとことん向き合ったからだ。

旅をしたり、プロや経営者の話を聞きにいったり、色んな文化・人・価値観などの多様性に触れた。
その多様性に触れながら、自分というものを明確に定義しようとしてきたからだ。

 

ぼくはこのブログで何回も言っているがもう一度言いたい。
人にどう思われるか関係なくなってから、成功の道は始まるんだ。

オンリーワンな男になろう!

突き抜けたら、普通の女性は離れるが「あげまん」は近づいてくる

突き抜けることが大事だ

オンリーワンになるということは、人として突き抜けることと同じだ。
突き抜けたら、普通のあなたを変人扱いしてあなたから離れていくだろう。

でも、「あげまん」は近づいてくる。
あなたはそんな「あげまん」に支えてもらってさらに成長していくんだ。

普通とは違うオンリーワンなあなたは、普通とは違う仕事をすることになる。
そんな仕事を数年やったら、あなたが作り出した実績も他とは全く違った非凡なものとなる。

その非凡な実績がどんどん蓄積されたら、メディアや情報発信者はあなたを放っておかない。
一気にメディアに取り上げられ、多くの人に求められるようになる。

これが成功への道しるべだ。

成功したら結局はモテるんだから、今変人だと思われてもいいからオンリーワンになれ!

成功したら結局はモテるんだよ。
だからぼくが言いたいのは、今この瞬間に変人だって思われてもいいからオンリーワンな男になるべきだ。

いきなり多くの人にモテたり、大きな成功になるなんてありえない。
まずあなたが自分自身とは何か?ということに対してとことん向き合うべきだ。

年齢が遅すぎることなんてことはない。
30代で自分と向き合ったら、40代には頭角を現すことができる。
40代でも、50代でもきっと同じだ。

ぼくが尊敬する経営者はみんなそうだ。

オンリーワンになるということは、他の誰でもないあなたの人生をスタートさせるということだ。

オンリーワンな「男」になって、「仕事」でナンバーワンになろう!

あげまんにも不特定多数の女性にもモテたかったら、オンリーワンな「男」になり、成功して「仕事」でナンバーワンになることだ。

まずオンリーワンな「男」になることで、あなたの成功の道は始まる。
それがまず最初だ。これを忘れてはいけない。

オンリーワンな男が、「あげまん」に選ばれる。
オンリーワンな男が、非凡な仕事で実績を出し続ける。
ライバルなんて最初からいないから、ナンバーワンになることはすごく簡単だ。

そしたら不特定多数の女性にモテるなんてめちゃめちゃ簡単だ。

まあ経験から言えば、オンリーワンな仕事をやらせてもらって、自分を成長させるぐらいのあげまんにあったら、モテることなんてあまり興味はなくなってしまうけどね。
結局は、成功した自分を見て集まってくる不特定多数の女性は「さげまん」だから。

でもモテるという体験は、男性にとってはすごく大事な経験だよ。
モテない人に大きな仕事はできない。モテない人に多くの人を巻き込むことはできないんだ。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

中村 あきら

こんにちは、あきらです! 読んで頂きありがとうござます。このAKIRA DRIVEは、僕の活動をまとめています♪ このブログから色んな情報やインスピレーションを持って帰ってもらえたら嬉しいです。そして、いつか地球のどこかでお会いしましょう! フォローはこちら →  Twitter https://twitter.com/akira207 Facebook https://www.facebook.com/akira19850402