あのね、「あげまん」ってのは「最後に選ばれる女性」なんだよ

あげまんは最後に選ばれる女性

ぼくは全ての女性が「あげまん」になればいいと思ってる。

よく、「キレイになる方法」や「愛される方法」なんて巷には溢れているけど
恋愛で目指すべきは「あげまん」になる方法の一点のみでいい。

キレイな女性っていうのは、不特定多数の男性に「最初」に選ばれるかもしれない。
でもそれって男性の欲求や自尊人を満たすだけの女性ともいえるし、飽きられたら終わりだよ。

尽くしてあげたり、男性が喜ぶことばかりをする女性は、男性から「長く一緒にいる相手」として選ばれるかもしれない。
でもそれって男性をダメ人間にしたり、お金を稼ぐことができなかったり、2人が一緒にいればいるほど2人の生活はきびしくなる。

そんな女性になったって意味がないし、本当に目指したいところなの?

目指すべきは、器の大きな男性から選ばれて(もちろん選んで)結婚したあともどんどん生活や人間性が豊かになっていくことじゃないかな。

それだったら「あげまん」しかないでしょ。

男性から最終的に選ばれるのは、結局は「あげまん」

男性が結婚をしたいと思った時、男性がこの人だって決断するとき、最終的に選ぶのは「あげまん」なんだよ。

男性は、女性が思っている以上に「仕事」が人生の大半を占める生き物だ。
女性が人生で「愛されたい」と思うぐらい、男性は仕事においての自己実現が人生で重要なんだ。
そしてお金の悩みも女性より大きい。結婚を考えたときに必ずお金のプレッシャーは頭をよぎるはずだ。

これは結婚を意識した瞬間から、男性は強烈に悩みだすね。
結婚を決めたことがない男性と決めた男性は、まったくといっていいほど女性観が変わる。
それは結婚を決めるときに、そのプレッシャーを経験するからなんだ。

まあとにかく、それぐらい男性は仕事なんだよ。
そんな男性が選ぶ女性が、最終的に選ぶのは一緒にいると自分の仕事を上向かせてくれる女性だってことは何ら不思議じゃない。つまり「あげまん」だ。

「あ、この人と出会ってから、仕事がうまく行き始めたな、お金が回りだしたな」と男性側が思ったら、絶対にあなたを手放すことなんてありえない。
むしろ「結婚しないと離れる」と言えば、「それだけは困る・・・」と言われるはずだ。
一度離れたとしても「やっぱり君がいないと困る・・・」とあせりながら懇願してくるはずだ。

世の女性よ、経営者の人心掌握術から学べ!

これはビジネスでも良く使われる人心掌握術だ。
一緒に組みたい相手の大事にしているものを上向かせることで、自分というものを「相手にとって必要な存在」へと変えることができる。

世の経営者はM&A(会社売却)、人材採用、ビジネスマッチングなどビジネスパートナーを決める場面が数多くある。
仕事のパートナーになることは結婚するぐらい重みがある行為だ。

こう考えると経営者というのは、何人もの人に結婚するぐらいの決断をさせている。
そういった視点からも経営者の手法から学べることは多いはずだ。

会社の魅せ方、相手に伝えていくこと、そして人生を賭けてもらい一緒に育てていく。
これは人生における結婚・出産・子育て。そのプロセスそのものだ。

経営者から学び「あげまん」になろう!

この記事が載ってある「まとめ記事」はこちら

中村あきらの「あげまん・あげちん」理論まとめ

【完全まとめ】パートナーを成功させる!あなたもあげまんになれる!「あげまん・あげちん理論」


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

中村 あきら

こんにちは、あきらです! 読んで頂きありがとうござます。このAKIRA DRIVEは、僕の活動をまとめています♪ このブログから色んな情報やインスピレーションを持って帰ってもらえたら嬉しいです。そして、いつか地球のどこかでお会いしましょう! フォローはこちら →  Twitter https://twitter.com/akira207 Facebook https://www.facebook.com/akira19850402