「復縁」とは「出会い直し」である。同じ相手と新しいパートナーシップを築く方法


あげまん理論の読者から以下のような質問が届いた。

あげまん理論を使って「復縁」がしたいです


いつもあげまん理論メルマガを読ませていただいています!
あげまん理論で「復縁」をすることはできますか?別れてしまった彼と、復縁したいと思っています。ぜひアドバイスをいただけたら嬉しいです。

 

もちろん、あげまん理論を使って復縁することは可能だ。
あげまん理論は、お互いの信頼度を深め、共に成長していくためのパートナーシップ理論。

一度壊れたり、信頼を落としてしまったりした関係も、しっかりと深め成長させることができる。
そのためにはまず「復縁」とは何なのかをあなたは知らなければならない。


あげまん理論LINE@
※LINE@だけの特別特典を無料プレゼント。
現在3,183名の方にご登録いただいています!

 

LINE画像
あげまん理論LINE公式アカウント
最新更新情報やイベント情報が最速で届きます!

「復縁」とは「出会い直し」である

「復縁」とは「出会い直し」である

多くの女性が勘違いしていることがある。
それは復縁を、今までの恋愛や結婚の延長線上にあるものと思っていることだ。
彼氏に別れを告げられた、旦那さんに離婚しようと言われた。

それで別れて、もう一度仲が良くなったり再婚するということ。それは「元どおり」になることではない。

新しいあなたと、新しいパートナーである男性との「出会い直し」なのだ。

多くの女性が、「元どおり」に戻りたくて頑張ったり、前の関係性と同じように元のパートナーの男性と接してしまう。
そんな態度でいると、「この女性はずっと子どものままだ」と男性から思われるだけだろう。

まず男性が別れを切り出すということはどういうことか?

まず男性が別れを切り出すとはどういうことかを理解しないといけない。
それは「友達以下の信頼」に落ちたときだ。

男性は付き合うと決めたり、特に結婚すると決めた人に対してちょっとの信頼の低下ぐらいでは別れを切り出したりしない。なぜならばパートナーとは男性にとっても人生の土台だからだ。

結婚をしているなら、常に未来を見ている男性からすると、奥さんや家族の未来を常に描いているだろう。それなのに、それをやめるということは、男性にとって大きなリスクになる。

一緒にいる未来が見えなくなっただけじゃなく、友人以下だと思えるほどに信頼が落ちたということなのだ。

ちなみに男性が別れを感じる瞬間は以下の記事を参考にしてほしい。

そんな思いで別れを切り出したのに、そんな簡単に復縁するわけがない。
さらに人生プランを変えるリスクを負ってまで、別れを切り出したのに、まだ前と同じような関係性で接してくるあなたを見たら男性はため息しかでないはずだ。

まず自分に問うべきは、「復縁」は新しい男性と信頼を深めるよりも大変。それでもやりたいか?

あなたは本当に大丈夫?幸せな恋愛・結婚・仕事から遠のく自己肯定感が低い女性の行動4パターン

まずあなたに問いたいのは、「復縁」は上記の通り、友達以下のマイナスからスタートだ。それでもその男性と「復縁」したいかどうかだ。

もしあなたが
「新しい人と出会い、一から付き合っていくのがめんどくさそうだし「復縁」の方が簡単そうだから」
と思うのならば、新しい男性と信頼関係を深めていった方がいい。

付き合った期間や深く信頼し合った関係であればあるほど、復縁は難しい。
それでも「復縁」したいかどうかはしっかりと自分に聞いた方がいいだろう。

復縁の第一歩は、「なぜお互いがダメになったかをお互いが認識するところから」

さて、そんな中でもあげまん理論を使えば、復縁をすることはできる。
まず彼があなたと別れて、ちゃんと仕事面での体制を整えたかどうか、精神的に体制を整えられたかどうかを見ることが大事だ。

パートナーとの別れ直後は、男性はかなりブレる。仕事面でもバランスは崩れるし、プライベートでも女遊びに走ったり友人たちと深酒をしたり、落ち着くまでに時間がかかると思っていいだろう。

復縁では、これを「冷却期間」というが、半年〜1年かかることが多い。

この冷却期間を終えて、仕事のバランスとプライベートのバランスが整い出したタイミングでやっと、先のことを話せるようになる。
友達以下になったとしても一度好きになったり愛した女性は忘れられない。
忘れないし、幸せになってほしいと心から願っているものだ。

しかし、明確に「だけど、もう幸せにするのは自分ではない」と決めている状態なのだ。

そんな彼には、「仕事の相談がある」「次に進みたくて相談にのってほしい」と持ちかけて会いに行こう。

その時に話すときに大切なことは、「お互いがなぜダメになったのかを認識する」ということだ。

別れたということは、根底にあなたへの「不満」があるはずだ。
この時にちゃんと相手のことを考えた発言、何が一緒にいるときにダメだったのか、自分なりに反省していることをしっかりと相手に伝えることだ。

「私は、〇〇くんと付き合っているとき、あなたのことをちっとも理解してなかったと思っている。〇〇くんは一生懸命私との未来を考えてくれたり、どうにかして一緒にいれる方法を考えてくれていたのに私はそれに気づけなかった。仕事もいっぱいいっぱいで二人でいる意味が全くなかったと思う」

こういう風に男性が一緒にいたときに感じたであろう言葉で、伝えてあげることがポイントだ。
これを伝えることで「変わったんだな」「大人になったんだな」という印象を相手に与えることができる。

また、あげまん理論リアルアカデミーを受講して自分の思い込みや過去の感情の滞りを認識したら、それを共有するのもいいだろう。

「私は、あのあと〇〇くんと別れてから、自分の感情とか自分の人生とかと「自分のため」に向き合ったんだよね。そしたら、「私は誰も私のことを認めてくれない」って思い込みがあったことに気づいて。〇〇くんといるとき、自分も含めて〇〇くんを信じれてなかったと思う。そして全部一人でやってたんだって思ったの」

こういう風に自分の変化のプロセス、気づきを再会した時に共有してみよう。

このお互いの認識を一致させることで、初めて友達レベルのプラスマイナスゼロの関係に戻ることができる。

友人レベルになったら、もう一度お互いの信頼を育むこと

友人レベルになったら、彼にもう一度好きになってもらうこと

友人レベルになったら男性にもう一度好きになってもらう段階だ。
女性としての魅力を感じさせ、五感を刺激し、付き合いたい・ゲットしたい。と感じさせることが大事だ。

ここからは、普通の恋愛と同じであげまん理論の「信頼レベル」を高めていくこと。

あげまんLINEを駆使して、連絡の頻度を上げていくこと。

お互いの信頼度が上がってきたら、彼から仕事の悩みや相談を持ちかけてくるようになる。

あなたはどっち?パートナーシップのサイクルから見るさげまん女性とあげまん女性の違い

そしたら「男性を受け入れ、そのままを認め、尊重・肯定し、信頼し、存在意義を与えて」あげることだ。このあげまんループを繰り返していけば、あなたは彼にとってなくてはならない存在になっていく。

そうなれば彼は、あなたとの未来をもう一度描こうと思ってくれるだろう。

そのためには、あなたがしっかりと「なぜ別れたのか」を理解すること。男性があなたといるときどんな気持ちだったのかに思いを馳せること。

そして今度はしっかりと一緒に幸せをつくっていくと決めることだ。

誰かに幸せにしてほしいとか、寂しさを埋めてほしいという想いではなく、
あなた自身があなたの立っているその場所から、幸せなパートナーシップをつくりだすことを心から願っているね。

もう一記事いかが?あげまん理論における復縁と別れの記事はこちら

自然消滅の危機から「復縁」はできる?さげまん的な言動で悪化した彼との関係を修復する方法

離婚してさらにさげまんになる女性と、離婚してあげまんになって幸せになる女性の違い

<動画>リアルアカデミー受講生の声!自己肯定感を高めたことで「幸せな離婚」と「再出発」ができました!


Twitterで「あげまん理論®︎」をフォローしよう!