500 Startups(ファイブハンドレッドスタートアップス)とは

500 Startups

500 Startups(ファイブハンドレッドスタートアップス)とは、世界で最もアクティブなスタートアップ投資をする、スタートアップ育成支援団体である。

この500 Startupsが投資をする前提条件は、起業したてで企業の立ち上がり段階という点である。
当然、立ち上がり段階故に成長しない企業も多いが、500 Startupsでは、技術やアイデアを持つ少数精鋭のチームに投資をして、企業を大きく育てるアクセラレーターとしている。

500 Startups Japanが始動

2015年11月に、米国シリコンバレーの有力ベンチャーキャピタルとなる500 Startupsが、日本向けシード投資ファンドとして、アメリカ人と日本人の2人のパートナーが手を結んで立ち上げた物である。
この500 Startups Japanの始動当初の資金目標は約30億円規模の運用を目指すとしており、2016年2月時点で、すでに2分の1は達成済みとなっている。

元々、500 StartupsはNTTドコモ、Gengo、MakeLeaps、Peatix、Whillといった日本のスタートアップ企業に投資をしてきた実績があるが、日本に拠点を構えるのは初めてとしている。
アメリカ人パートナーは、ディー・エヌ・エーの投資部門で長年スタートアップ投資をしてきたジェームス・ライニー氏である。

そして日本人パートナーは、日米スタートアップに詳しく、また金融とテクノロジーのバックグラウンドを持つ澤山陽平氏である。
この2人がお互いのバックグラウンドと得意分野で相補関係となり、日本とアメリカを繋ぐとしている。

500 Startups Japanの3つの取り組み

500 Startups

500 Startups Japanのベンチャーキャピタルの強みは、シリコンバレーにネットワークを持っている事である。
この強みを活かし、500 Startups JapanではBring Japanese Startups Globalというミッションを掲げ、3つの事に取り組んでいる。

一つ目に、シリコンバレーの最先端の知見とネットワークを日本に繋ぐ事である。
二つ目に、日本のスタートアップを世界に発信し、海外展開や資金調達を加速させる事である。
三つ目に、500 Startupsが保有する強力なネットワークを活用し、スタートアップのM&A EXITを支援する事である。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!