すべてへ 19


19

すべてへ

けんじ、ケイゴと326のコラボレーション作品である3rdシングルはタイトル「すべてへ」。

孤独ととなりあわせだと感じる若い人たちが、前向きに頑張ってゆけるように、やさしく背中をそっと押してくれて、さみしさの中に元気がでるような、そんな曲です。

けんじ、ケイゴの2人はそれぞれ「役割」のようなものがあって、詞の内容にぴったりの歌い分けがされている。それがこの「すべてへ」の19らしい素朴で大きなメロディを2人の存在、キャラクター、声質が語りかけるような”応援歌” となっているんですね。

ホームページを参考にしました(*^^)

 

風が吹かない そんな場所でも
ぼくたちが走るなら 感じることが出来る
吹くだろう風 なんて待つなよ
無いものをなげくより つくればいい 風だって

”君が生きてる事がうれしい”
心からそう思う それだけで生きていける
君が抱える 弱さや痛み
そのすべて君だって 思うから 愛せるよ

本当に、本当に、本当に、
そう思います。

 


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

「あげまん・あげちん理論」
オンラインサロン

facebookグループ限定の投稿や、実際のあげまん女性会員・著名人のゲストなどの実際の経験をシェアしながらここでしか見れない実際のリアルな経験を見ることができます。