100%結婚できる!?男性が結婚を決意する「魔法のことば」


この「魔法のことば」を使えば、男性はあなたとの結婚を考えざるを得なくなるだろう。

あなたと付き合っている男性がいたとして、結婚を決意してもらいたい瞬間というのはどんな女性にもあるだろう。
もしかしたら不倫していて奥さんから自分に乗り換えてほしいと思っている女性もいるかもしれない。

そんなときに、男性の胸にズドン!っと響き、結婚というものを本気で考えざるを得なくなる「魔法のことば」があるんだよ。

今日はそれを紹介したい。

 

 

それはこの言葉だ。

「あなたの子供が生みたいの」

 

 

え?重くない?

って、あなたが女性だったら思ったかもしれない。

もちろん重い。でもその重さが男性を結婚という行動まで導いてくれる。

男性にとってこの言葉は核爆弾を落とされたぐらいの動揺がある。
しかもその動揺は、次にあなたに会うまであまたの中に鳴り響き、仕事中でも、電車の中でも離れない。
そしてあなたとの「未来」を考え出す。

男性の決意が固まったら、きっとこう言うだろう。

「子供がほしいんだったら、ちゃんと結婚しよう」

そもそも、男性にとって「結婚」とはリスクでしかない

そもそも男性にとって「結婚」とはリスクでしかない。
自由は減るし、1人の女性に決めなければいけない。今よりもお金を稼がなきゃって不安が増す。責任が重くなる。

女性が「結婚したい!」って男性に伝えてもあまりうまくいかない。

一瞬嬉しいけど、冷静に考えたり、ほかの友達に相談したりすると、こう思う。

「そりゃ、したいでしょうよ」

女性にとってのメリットはたくさんだ。
一生あなただけを愛するという約束と法的拘束。養ってもらえるかもしれない。
年を重ねるごとに不安が増えて、結婚すると何より「安心」が手に入る。

ただ男性にとっては、リスクが大きい決断だ。

男性が一番嫌うのは「汚物」扱いを感じること

男性傷つく!

ではなぜ「あなたの子供がほしいの」って言われたら、結婚を決意してしまうのだろう。

もはや知ってのとおり、男性は女性よりもデリケートな生き物だと言われている。
特に、男性と長く付き合えば付き合うほど、多く感じるだろう。

その中でも男性がとくに傷つくことがある。

それは自分を「汚物」扱いされることだ。

例えば、
・臭いって本気で嫌がる
・一緒に下着を洗うのを本気で嫌がる。
・自分の性癖を本気で気持ち悪がる。

これは男性は100%傷つく。そして間違いなくあなたを大嫌いになる。
大好きが、大嫌いになるぐらい強力な行動だ。

これは何でかっていうと、男性にとって「気持ち悪がられること」「汚物扱いされること」って自分の深い部分を完全に否定されたって感じるんだよ。

「あなたの子供がほしい」は全てを受け入れてもらう感覚がある

全てを受け入れてもらえる

逆に男性が、一番嬉しいこと、魂が喜ぶレベルのことって何かって言うと
女性に全て受け入れてもらってるって感覚なんだ。

「あなたの子供がほしい」っていうのは、自分の遺伝子がほしいのかって思うんだよね男性は。
しかも女性が子ども生むって大変だって男性も知ってる。

それぐらい自分のことが好きなのかって思うわけ。
これは相当嬉しい。男性にとって、魂が震える言葉だね。

 

男性が「この人と結婚する」って決める覚悟と、
女性が「この人の子供を生む」って決める覚悟は同じだって思ったほうがいい。

ビジネスでも大きなリスクをとって、取引をしてこようとする相手には尊敬を感じる。
自分もそれに見合うリスクを提示しなきゃって思う。

自分の子供を産む覚悟がある。
それぐらいのリスクを取ってでも自分と一緒にいたいのか、そう男性に思わすことで相手も結婚というリスクに応えてくれるよ。

男性は、女性の責任は取りたくないけど、子どもの責任はとりたい

子どもの責任はとりたい

また男性は、「結婚したい」って言われてもピンとこない。
何が変わるの?付き合ってる今と何が違うの?って感じだ。

女性への責任って言っても、もうあなたも大人だし、自分の責任ぐらい自分でとりなよっていうのが本音だ。

でも子どもは違う。
男性は子どもの責任はとりたいんだよね。

それは、子どもが自分では何もできない存在だから・・・とかじゃない。
子どもの責任をとるってかっこいいから。

男性にとって、子どの責任をとってる自分ってかっこいいんだよね。

男性は単純だよ。
かっこいいと感じることには、リスクなんて消えちゃうんだよ。

そのかっこいい自分を想像したら、もう言わずにはいれないよ
「子どもがほしいんだったら、結婚しよう」って。

このときの男性の「結婚しよう」は、子どもの責任のためなんだよ。

 

あなたもこの「魔法のことば」を使って結婚だ!

「あなたの子どもがほしいの」

この言葉は本当に強力だ。一度、試しにやってみたらいい。
不倫相手に使ったら、離婚してあなたとくっついちゃうかもしれない。

男性の人生を変える言葉かえるよ。

 

ぼくはM&A(企業買収)の現場にいることがある。
会社を買う方も売る方も、買うだけ売るだけだと結局はうまくいかない。一緒になった先に未来を描けないと失敗に終わるんだよね。

結婚も同じだよ。

一緒になった先に未来がないと、一緒になる意味ないよね。
結婚がゴールじゃないんだから。

結婚したいって言葉は自分のことしか考えてない。
あなたの子どもがほしいって言葉は、2人の未来を提案してるよね。

あなたがまず2人の未来を男性に提案してあげよう!

この記事が載ってある「まとめ記事」はこちら

中村あきらの「あげまん・あげちん」理論まとめ

【完全まとめ】パートナーを成功させる!あなたもあげまんになれる!「あげまん・あげちん理論」


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

中村 あきら

こんにちは、あきらです! 読んで頂きありがとうござます。このAKIRA DRIVEは、僕の活動をまとめています♪ このブログから色んな情報やインスピレーションを持って帰ってもらえたら嬉しいです。そして、いつか地球のどこかでお会いしましょう! フォローはこちら →  Twitter https://twitter.com/akira207 Facebook https://www.facebook.com/akira19850402