「自分らしさ」という貢献


中村あきらです。
好きな本の一節を紹介します。

浜口隆則の『仕事は味方』より

 

「自分らしさ」という貢献

 

自分らしくいたい。

でも、社会は、そんなことを許してくれない。

 

そう思ってしまうのは、

「自分らしさ=悪いこと」だと思っているから。

 

人はなぜか、自分らしさを、悪いことのように感じている。

 

それは、「自分らしくしなさい」って言われる回数より、

「人と同じようにしなさい」って言われる回数が、

圧倒的に多い中で、育ったから。

 

だから、人は、なかなか、自分らしさを肯定できない。

 

それはそれで意味がある。

それによって、私たちは社会性が授けられた。

 

社会性も、大事。

人は人と同調する事で、社会に貢献している。

 

けど、違い、で貢献していく方法もある。

 

違いは、自分らしさ。

 

仕事では、違いは、価値になる。

違うことが、社会にプラスになっていく。

 

だから、「人と同じようにしよう」と言う回数より、

「自分らしさを生かそう」と言う回数を増やそう。

 

そうすることで、やっと、

社会性と自分らしさをイーブンにできる。

 

社会に出たら、今度は、そうやって、

 

自分で、自分らしさを育てるんだ。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
中村あきらの最新情報をお届けします
Twitterで中村あきらをフォローしよう!

「あげまん・あげちん理論」
オンラインサロン

facebookグループ限定の投稿や、実際のあげまん女性会員・著名人のゲストなどの実際の経験をシェアしながらここでしか見れない実際のリアルな経験を見ることができます。